社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】戒厳令の話はやはりフェイクだった/取り巻きのスタッフ・弁護士らが嘘でトランプ大統領を説得しようとした

政治
スポンサーリンク

元凶はトランプ大統領のスタッフ

リーク元はトランプ大統領のスタッフたち(メドウズとチポロン)

・4時間半のミーティングに同席したバーン氏は「戒厳令の話は出てない。大統領はアドバイザーやスタッフに嘘を吹き込まれている」

・メドウズとチポロンらと弁護士が「無駄だ、評判が下がる」と出るアイデアを否定し続けている模様

スポンサーリンク

パトリック・バーン氏のツイート

「私は4.5時間の会議のためにそこにいました。軍事クーデター/戒厳令が議論されたという主張は100%捏造です。トランプは、彼らがトランプを失速させている間、スタッフに「大統領に譲歩させる」と言う彼自身の顧問によって嘘をついています」

彼が戦わずに譲歩することを望んでいる弁護士に囲まれています。 本当に残念です。

私たちは知っています。トランプ大統領は勝者であり、決定を下す前に多くの情報源からアドバイスを受けます。 チームに悪魔の代弁者を置くことが重要です。

スポンサーリンク

元凶はメドウズとチポロンか

メドウズとチポロンが率いる法務スタッフは、提示されたすべての冷静な議論やアイデアを反射的にダメだと指摘。彼らの心構えは自動的です。「それを試さない方がいいです。うまくいかないかもしれません。マスコミでの評判を傷つけるでしょう…」冗談ではありません。彼らはそのようなことを言います。 トランプ大統領に伝えます。

スポンサーリンク

トランプ大統領がはフェイクと否定した後、中国を非難しこれは史上最大の不正選挙だとツイート

「martial law(戒厳令)=フェイクニュース。ろくでもない報道しかしやがらない」

「なぜ議会は私たちの人々に刺激法案を与えないのですか?それは彼らのせいではなく、中国のせいでした。それを成し遂げて、彼らに直接支払いでより多くのお金を与えてください」

「私たちの国の歴史の中で最大の不正選挙!!!」

 

Patrick M. Byrne(1962年11月29日生まれ)は、Overstock.comのCEOを務めたアメリカの起業家です。ウォーレンバフェットのバークシャーハサウェイが所有する会社を含む2つの小さな会社を率いた後、1999年にバーンはオーバーストックを立ち上げました。

Patrick M. Byrne - Wikipedia

 

NEW👇
タイトルとURLをコピーしました