社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ大統領顧問弁護士団、上級顧問ジェナエリス「ペンス副大統領は選挙人団票を開封せず、そのまま議会に戻すべき」

政治
スポンサーリンク

トランプの弁護士は、ペンスが選挙の証明を延期し、州議会に要求を送ることができると示唆している

ジェナ・エリスは、副大統領が選挙結果が争われている州の立法府に明確さを求めることができると示唆している。

トランプ大統領の選挙弁護士の一人は月曜日、マイク・ペンス副大統領が水曜日に議会が開かれるときにジョー・バイデンの選挙結果の証明を遅らせることを提案し、代わりに結果が争われている6つの州の議会にどの候補者の選挙人団を承認すべきかを明確にするよう求めた。

トランプキャンペーンの上級法律顧問であるジェナエリスは、月曜日の午後、ジャストニュースのテレビ番組「ウォータークーラーとデビッドブロディ」に出演しているときにアイデアを浮かび上がらせました。

「マイク・ペンスができること、そして実際に彼がすべきことは、これら6つの州からの代表者の2つの競合するスレート(選挙人名簿)がある場合、州議会に質問を戻すことです。

スポンサーリンク

激戦州の票を開かず州議会に戻し、どちらを専任するかを州議会に問うべき

彼は州にその質問をして、次のように言うことができます。 「州議会は、州議会が選挙代表者の選出方法を指示していると述べている第2条1.2項に書かれているように、憲法を支持することを憲法に誓います。それで、あなたはこれら2つのどちらかを教えてください。」とエリス氏は述べた。

彼女が引用した6つの州は、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニア、ジョージア、アリゾナ、ネバダです。6つの州すべてで、政府はバイデンを勝者と宣言し、民主党を支持する議会に選挙人を送りました。しかし、トランプ支持者とこれらの各州の一部の議員は、議会によって承認されなかった不規則性と選挙プロセスの変更のために、結果を信頼しないと述べました。結果に異議を唱える多数の訴訟にもかかわらず、裁判所は断固として介入を拒否してきました。

スポンサーリンク

ペンス副大統領は票を開く前に行動を起こせる

エリスは、各州の複数の議員によって提起された公に表明された異議に基づいて、ペンスが水曜日の議会の選挙審査手続の開始時に「送信される証明書を開く前に」行動を起こすことができると示唆した。

ペンスがそうすることを支持するかどうか、あるいは彼のキャリアを通して厳格な憲法主義者である副大統領が、憲法が彼にそのような行動をとる権限を与えると信じているかどうかは不明です。

ペンスは6つの州からの投票を開くべきではなく、代わりに議会に質問を向けて、2つの選挙人団のどちらが実際に議会が第2条のセクションに規定した方法で選ばれたかを確認するよう求めます。

副大統領は、選挙人が認定され、争われていない州からの他のすべての投票を開き、それに応じて数える必要があります。
ペンスは裁量権を行使したり、新しい先例を確立したりすることはなく、6つの州のそれぞれで憲法で任命された当局に説明を求めるだけで足りる。(justthenews.com)

Trump lawyer suggests Pence could defer certifying election, send requests to state legislatures
Jenna Ellis suggests the vice president could seek clarity from legislators in states where election results are being disputed.
スポンサーリンク

TeamTrumpがリツイート

・この案は憲法に則った案だとは思いますが、激戦州の州議会(特に共和党)が動かない可能性もあり、テッドクルーズの「10日の徹底的な監査」の案より弱い感じがします。

・また、この案では不正が完全に暴かれて国民の目に晒されない可能性もあります。

(私見ですが)いずれにしてもトランプ大統領が言った6日に出てくる決定的な証拠が、キーになるような気がします。そしてそれはラトクリフレポート、またはそれに準ずるレポートであると思います。

記事はこちら👇

NEW👇

 

タイトルとURLをコピーしました