社会の話題と反応を発信していくネットメディア

Parler復活、プラットホームを再起動/ Bigtechに依存する必要なし

政治
スポンサーリンク

Parlerは月曜日に、プラットフォームを正式に再起動し、BigTechに依存して運用する必要がなくなると発表しました。

発表によると、プラットフォームは独立したテクノロジーに基づいて再構築されており、国会議事堂での暴動に続いて1月に主要なアプリストアとWebサービスによってプラットフォームが解除された後、適切と思われる方法で実行できるようになりました。

1月に数千万人のアメリカ人を沈黙させたいと願う人々によってパーラーがオフラインになったとき、私たちのチームは集まり、これまで以上に強く戻るという非常に熱心なコミュニティへの約束を守ることを決意しました」と、の暫定CEOであるマークメックラーパーラーは発表の中で言った。
https://thehill.com/policy/technology/538872-parler-announces-official-relaunch-says-it-is-back-online

About Parler
Parler company and culture information.
スポンサーリンク

Twitterの声

ジェナ・エリス弁護士

・パーラー紆余曲折を経て復活

スポンサーリンク

ParlerはAmazonに1月10日の午後11時59分からサーバーをシャットダウンされていた

「シャットダウンは、1月10日日曜日の午後11時59分PSTに発効します。

ビッグテックはまた、記録的なペースでトランプの支持者と同盟国を禁止しています。彼らはあなたが沈黙することを望んでいます」とメイツは述べた。

スポンサーリンク

CEOのメイツは「プラットフォームが1月末までに復活する」と述べていた

パーラーのCEO、ジョン・メイツ氏によると、プラットフォームが解除されたソーシャルメディアウェブサイトのパーラーは、違反の疑いでアマゾンウェブサービス(AWS)がサイトを削除した後、オンラインで再登場したため、1月末までに戻ってくる可能性があります。

「月末までに、私たちはバックアップされると確信しています」とマッツは1月17日にフォックスニュースに語った。

スポンサーリンク

その後、パーラーのCEO、ジョン・メイツは解雇される

パーラーのCEO、ジョン・メイツは水曜日遅く、彼が会社のCEOとして解任されたと発表した。

メイツは、1月29日のParler理事会が彼の立場を終了することを決定したと述べ、彼は決定に参加しなかったと付け加えた。

Parler(wikipedia)

2018年に開設されたソーシャル・ネットワーキング・サービスである。アメリカ合衆国のネバダ州ヘンダーソンに拠点を置く。
公式サイトに基づく情報によれば、運営方針について以下のように主張している。

時勢に流されたシャドウバン(shadow-banning)は行わない。

人種、性別、年齢、性的嗜好、宗教、政治、食の選択に関わらず、全てのユーザーは平等に扱われる。
あらゆる宗教の信者も、あるいは非信者も、市民的に語ることを歓迎される。
コンテンツに対してバイアスのかかった取捨選択を行う方針は、ユーザーの怒りを呼び起こし、コミュニティのガイドラインに影響を与えてしまう。中立な視点を持ち、あらゆる非暴力的な意見に耳を傾ける人々を支援する。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました