社会の話題と反応を発信していくネットメディア

弾劾から一転、ペロシ大ピンチ。1月6日の暴動について事前に何かを知っていて隠している疑惑について、共和党下院が追及を始める

・国会議事堂警察首長は、1月6日の暴動を予知し州兵の派遣を要請
・この要請は拒否される
・この経緯(1月6日の暴動と拒否した経緯)についてペロシが何か知っていると共和党は確信を持つ
・共和党下院は、ペロシに文書で「要請が拒否された理由、ペロシのスタッフが国会議事堂警察と何の話しをしたのか、サンド首長が州兵の支援を要求し、承認が必要になったときに、ペロシは治安当局にどのような対応をしたか?」について追及している

以下、たびたび出てくる「スティーブンA.サンド」は、合衆国議会議事堂警察の10番目の首長を務めたアメリカの警察官。サンドは、米国議会議事堂の暴動の時の首長。議事堂攻撃後、彼は2021年1月16日付けで辞任した。

Steven Sund - Wikipedia

「ペロシは1月6日に米国議会議事堂で不十分なセキュリティがあった理由を隠蔽しているようです。 ペロシは、米国議会議事堂の警察が暴走するための舞台を、政治劇として意図的に作成しましたか?下院共和党の指導者たちは、答えが必要な質問をしている」

スポンサーリンク

下院共和党議員はナンシーペロシ議長に手紙を送り、1月6日の議会議事堂暴動に至るまでの数日間に行われた「主要な安全保障上の決定」についての回答を求めた

下院諜報委員会ランキングメンバーのデビンヌネス(R-CA)、下院司法委員会ランキングメンバーのジムジョーダン(R-OH)、下院管理委員会ランキングメンバーのロドニーデイビス(R-IL)、および下院監視委員会によって署名された2月15日の手紙ランキングメンバーのジェームズ・コーマー(R-KY)はペロシに直接接触し、アメリカ国民は「1月6日の議会議事堂の安全に関するいくつかの簡単な質問に答えるに値する」と主張している。

手紙に記載されているこれらの質問は次のとおりです。

・サンド元国会議事堂警察首長が1月4日に州兵の支援を要請したとき、なぜその要請は拒否されたのか?
・アームズ・ポール・アーヴィングの守衛官は、サンド首長の州兵の要請を拒否する前に、1月4日にスタッフから許可または指示を受けたか?
あなたとあなたのスタッフは、キャンパスのセキュリティ体制に固有の1月6日までの守衛官にどのような会話とガイダンスを提供したか?
・国会議事堂への攻撃中にどのような会話をしたか。また、1月6日、サンド署長が州兵の支援を要求し、承認が必要になったときに、治安当局にどのような対応をしたか?
・なぜあなたのハウスオフィサーは、1月6日のイベントに関連するリクエスト資料を提出するための保存と生産のリクエストに応じることを拒否しているのか?
スポンサーリンク

下院共和党のツイート

「1月6日までに彼女の事務所が下したセキュリティ決定を取り巻くペロシ議長からの回答を要求する」

「私たちは2年間、あなた自身、あなたのスタッフ、そして任命された下院職員の軍隊によって実行された、下院の運営に対するこの非常に重労働で厳しく管理されたアプローチを観察しました」と彼らは書いた。

彼らは続けて、1月6日より前に行った元国会議事堂警察署長のスティーブ・スンドの州兵への要請を持ち出した。(*スティーブ・スンドは責任をとって辞任した)

スポンサーリンク

国会議事堂警察が州兵を要請したが拒否された

1月6日の合同会議に先立って、サンド首長が州兵の活性化を要求したとき、SAAからの応答は、あなたに代わって行動することであったことが、複数の情報源によって広く報告され、確認されています。現場の州兵は良くなく、諜報機関はその動きを支持しなかった。リクエストは承認されませんでした。さらに、1月6日、国会議事堂の進行中の攻撃の最中に、サンドは再びSAAに州兵の認可の承認を求める彼の要求を通知しました。SAAは、間違いなくあなたとあなたの被指名人を含む指揮系統の上位で要求を実行する必要があったため、彼の要求が承認されるまでに1時間以上かかりました。

共和党議員はまた、サンドの辞任を取り巻く状況に疑問を呈し、ペロシが1月7日の記者会見でサンドが「これが起こって以来私たちに電話をかけていない」と主張した発言を指摘した。

スポンサーリンク

サンド警察署長はペロシに説明している模様

「その主張は、2021年2月1日付けのあなたへの手紙の中で、彼が国会議事堂のキャンパスの状況についてあなたに説明した2つの機会を詳述したサンドによって反駁されています。最初は午後5時36分、2番目は午後6時です。両方とも1月6日の午後25時」と彼らは書いた。

議員たちは、ペロシの「偽造された内部安全保障上の懸念への双曲線的な焦点」に対する最終的な批判で手紙を締めくくり、「米国議会議事堂の外からの本当の脅威から重要な資源を奪った」と主張した。

スポンサーリンク

ペロシの副主席補佐官は手紙を却下

「言うまでもなく、マダムスピーカー、あなたは自分でこの要件を遵守できませんでした」と共和党議員は述べ、80歳のスピーカーに「この政治的シャレードを終わらせ、国会議事堂と働く人々を保護するために私たちと協力する」と呼びかけました。」

この手紙は、上院が1月6日の米国議会議事堂での抗議に関連して暴動を扇動した罪でトランプ前大統領を無罪とした2日後に届きます。

ペロシの副首席補佐官ドリュー・ハミルは、共和党議員の問い合わせに反対し、「共和党議員の嘘に煽られた暴動の際に暗殺の標的となった、明らかに党派的な発言者のせいにする試み」としてこの手紙を却下した。

「暗殺未遂の標的として、ペロシは国会議事堂の安全保障の重要性を十分に理解しており、国会議事堂が直面しているすべての問題と暴動に至った出来事の根底にあることに焦点を当てています」とハンミルは付け加えました。(breitbart.com)

House Republicans Grill Pelosi Regarding January 6 Capitol Riot
Top House Republicans sent a letter to Pelosi, demanding answers on decisions made in the days leading up to the January 6 Capitol riot.
スポンサーリンク

下院共和党の声明

下院共和党は1月6日を取り巻く安全保障決定についてペロシ議長に回答を要求する
2021年2月15日 プレスリリース
ワシントンDC– 下院管理委員会のランキングメンバーであるロドニーデイビス(共和党)、下院司法委員会のランキングメンバーであるジムジョーダン(共和党)、下院監視改革委員会のランキングメンバーであるジェームズカマー(共和党)、および下院諜報活動ランキング委員会の常設委員会メンバーであるデビン・ヌネス(共和党)は、ナンシー・ペロシ下院議員に、1月6日までに彼女の事務所が下したセキュリティ決定に関する回答を求める手紙を送りました。さらに、手紙は彼女が家の役人が彼らが現在否定している1月6日に関する保存と生産の要求に従うことを許可することを要求します。

「1月6日の合同会議に先立ってサンド首長が州兵の活性化を要求したとき、あなたに代わって行動する[守衛官] SAAからの応答は、複数の情報源によって広く報告され、確認されています。州兵を現場に配置する「光学」は良くなく、諜報機関は移動をサポートしませんでした。要求は承認されませんでした。さらに、1月6日、進行中の州兵の攻撃の最中に、チーフサンドは再び州兵を承認するための承認の要求をSAAに通知しました。SAAが要求を一連のコマンドで実行する必要があったため、彼の要求が承認されるまでに1時間以上かかりました。これには間違いなくあなたとあなたの被指名人が含まれていました。」 下院管理委員会、司法委員会、監視委員会、および諜報委員会のトップ共和党員が書いた。

Committee on House Administration Republicans

・弾劾が否決された時のペロシ

ナンシー・ペロシは感情的すぎて公職に就けません。最初は気に入らなかったスピーチをリッピングしていましたが、今では国会議事堂がアビのようにしゃべり、道に迷ったときに表彰台に上っています。 「大人」が担当していると思いました」

スポンサーリンク

参考記事

 

 

タイトルとURLをコピーしました