社会の話題と反応を発信していくネットメディア

米国防総省、UFOの残骸を調査していた/調査結果は「私たちの生活を永遠に変える可能性がある

事件
スポンサーリンク

国防総省は、UFOの墜落による残骸をテストしており、調査結果は「私たちの生活を永遠に変える可能性がある」と認めている

ペンタゴンは、太陽と共有された爆弾の情報の自由の手紙で、UFOの墜落からの残骸を保持してテストすることを認めました。

アンソニー・ブラガリア研究員は国防情報局(DIA)に手紙を送り、彼らが保持しているすべてのUFO資料の詳細と、それに対して行ったテストの結果を要求しました。

彼は次のように書いています。「これには、国防総省の職員がUAPS [未確認飛行物体]または未確認飛行物体から残留物、漂着物、飛散物、衝突物として回収した物理的破片が含まれる可能性があります。」

The Sunと共有された応答で、DIAは、折りたたまれたときに元の形状を記憶するニチノールと呼ばれる神秘的な「記憶」金属に関するレポートを含む154ページのテスト結果をリリースしました。

ブラガリア氏は、これは米国政府からの「見事な承認」であり、文書によると、回収された破片の一部は、物を見えなくしたり、光速を遅くしたりする可能性など、「並外れた能力」を備えていることが明らかになっています。

スポンサーリンク

UFOの破片を分析していた

彼は太陽に次のように語った。「国防総省はUFOからの異常な破片を保持してテストすることを認めました。

彼は、国防総省が高度航空宇宙脅威識別プログラム(AATIP)の下でUFOを研究していたことが明らかにされた後、2017年に最初に要求を行ったと述べました-DIAが完了するのに3年かかりました-。

「記事は、UFO(現在はUAPと呼ばれている)からの異常な破片が民間防衛請負業者によって分析されていると述べた」とブラガリアは言った。

「UFOの破片などの重要な証拠が私の研究の焦点でした。

「私の情報公開法(FOIA)の要求は非常に具体的で、科学ですでに知られている資料ではなく、UFO / UAPの破片のテスト結果を求めていました。
ブラガリアは、テストされている資料のいくつかは、ニューメキシコでUFOが墜落した1947年の悪名高いロズウェル事件から来た可能性があると信じています。

「この記憶金属の特徴は、ロズウェルの多くの目撃者によって報告されました。」

Pentagon admits it has been holding and testing wreckage from UFO crashes
THE Pentagon has admitted to holding and testing wreckage from UFO crashes in a bombshell Freedom of Information letter, shared with The Sun. Researcher Anthony...続きを読む
スポンサーリンク

トランプ政権の時に機密開示/米情報機関のUFO情報は180日以内(6月末)に議会提出される

2021.01.11 Mon posted at 18:00 JST

未確認飛行物体の目撃報告、米海軍「本物」

昨年12月下旬、未確認飛行物体(UFO)に関して米情報機関が知っている内容を180日以内に議会に提出するよう求めるカウントダウンが始まった。

国家情報長官と国防長官は、およそ半年以内に「未確認航空現象」に関する非機密扱いの報告書を連邦議会の情報軍事委員会に提出する必要がある

この条項は、今回の予算案に含まれる2021年度情報機関授権法の「委員会コメント」に盛り込まれていた。

上院情報委員会の指示書によると、報告書には、UFOデータに関する詳細な分析や、海軍情報部、未確認航空現象作業部会、米連邦捜査局(FBI)が収集した情報を含める必要がある。

さらに、全ての未確認航空現象報告に関するタイムリーなデータ収集と一元化された分析を促すための省庁間プロセスについて詳しく記述し、そのプロセスの責任者を指名することも求めている。

UFOによって国家の安全が脅かされるような事態があった場合は特定し、背後に敵国が関与しているかどうかの判断を示す必要がある。(cnn)

米情報機関のUFO情報、180日以内に議会提出を要求
米国のトランプ大統領の署名で新型コロナウイルス追加経済対策法案が成立した昨年12月下旬。実はこの時から、未確認飛行物体(UFO)に関して米情報機関が知っている内容を180日以内に議会に提出するよう求めるカウントダウンが始まった。
スポンサーリンク

米国防省は昨年4月に「UFO」との接近映像を公開している

ワシントン(CNN) 米国防総省が先月末、海軍機と未確認飛行物体(UFO)の3回にわたる接近をとらえた映像を正式公開したことを受け、一連の接近事案に注目が集まっている。CNNはこのほど、接近時の様子を詳述した海軍の報告書を入手した。

このうち2014年3月26日の事案に関する報告書では、「未確認機は小型のようで、スーツケースほどの大きさに見えた。銀色だった」と記されている。

海軍のFA18戦闘攻撃機はこの物体から「約300メートル以内」を飛行したものの、正体を特定することはできなかった。海軍のパイロットが「再び目視を試みたが、不可能だった」という。(cnn)

米海軍機と「UFO」の接近事案、詳細な報告書を入手
米国防総省が先月末、海軍機と未確認飛行物体(UFO)の3回にわたる接近をとらえた映像を正式公開したことを受け、一連の接近事案に注目が集まっている。CNNはこのほど、接近時の様子を詳述した海軍の報告書を入手した。
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました