社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第45代トランプ大統領、独自のソーシャルメディアPFの構築を検討。「もうTwitterには戻らない」/NEWSMAXのインタビュー

政治
スポンサーリンク

第45代トランプ大統領「独自のソーシャルメディアPFを立ち上げる

NEW:ニュースマックス、元大統領とのインタビューで。トランプ氏は、独自のソーシャルメディアプラットフォームの構築を検討していると述べました

元大統領トランプ氏はまた、「ツイッターには戻らない」と述べた。

スポンサーリンク

トランプ大統領「静かになりたかった」

ニュースマックステレビのドナルド・トランプ前大統領は、バイデン政権が軌道に乗る間、発言したいという衝動に抵抗しなければならなかったと述べた。

トランプ氏は水曜日の「グレッグ・ケリー・レポート」に、「私は本当に少し静かになりたかった」と語った。「率直に言って、それほど静かではありませんでしたが、私は少し静かになりたかったのです。」


元米国大統領は、批判を課す前に新政権がいくらかの時間と空間を開始することを許可するのが通例であり、前大統領バラク・オバマも最終的には戻った。しかし、トランプはツイッターで生涯禁止された。

トランプ氏はホストのグレッグ・ケリー氏に、「ツイッターで理解している。それは非常に退屈になり、何百万人もの人々が去っていく」と語った。「彼らはそれが同じではないのでそれを残しています、そして私はそれを理解することができます。」

スポンサーリンク

もうTwitterには戻らない

トランプは、7500万人の有権者の意見を支持するために彼自身のソーシャルメディアプラットフォームを開始する可能性についての話をした

「私たちはツイッターで本当に嫌がらせを受けていた」とトランプ氏は語った。「彼らはあらゆる種類の旗を掲げていた。彼らはあなたが見るほとんどすべてのものに旗を立てていた。私が言っていたものはすべて旗を立てていた。それはただ恥ずべきことだ」

「そして、他の外国が可能な限り最悪のことを言っていて、彼らはそれについて何もしない」

「非常に退屈になった。Twitterに戻らない」

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました