社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【空爆】第3報 カービー報道官「2/15に米軍基地を攻撃した組織は特定できていない」/中東での「永遠の戦争」の米国の関与を終わらせるトランプ大統領の努力が水泡との批判も

スポンサーリンク

カービー報道官「米軍基地を攻撃した組織は特定できていない」

バイデン政権の当局者は、イラクの半自治クルド人が運営する地域のイルビル市近くでの2月15日のロケット攻撃を非難したが、今週のように当局は、誰がそれを実行したかを特定していないことを示した。当局者は、過去に、イランが支援するシーア派民兵グループが、イラクの米国人員または施設を標的とした多数のロケット攻撃に責任を負っていたことを指摘している。

カービー氏は火曜日、イラクが2月15日の攻撃の調査を担当していると述べた。

「現時点では、これらの攻撃の背後にいるのは誰か、どのグループであるかについて特定の帰属を示すことはできません。ここで使用されるあらゆる兵器の戦術的な詳細については説明しません」とカービー氏は述べた。「調査を完了させて結論を出しましょう。それから、もっと言いたいことがあれば、そうします。」

US Launches Retaliatory Airstrikes on Iran-Backed Militias in Syria
The United States on Thursday launched airstrikes in eastern Syria, targeting sites connected to Shia militias groups backed ...
スポンサーリンク

トランプ大統領の努力が水の泡との批判も

バイデンが先月ホワイトハウスを乗っ取ってから2日後、米軍がイラクからシリアに侵入するのが見られ、中東での「永遠の戦争」への米国の関与を終わらせるためのトランプ大統領の努力の逆転を示した。

フォックスニュースの記者ジェニファー・グリフィンはツイッターにさらに投稿した。「米軍高官は、米軍がイランの支援を受けた民兵が使用した単一の場所に対してシリアで1回の空爆を行ったことを確認した。今夜複数の施設が攻撃された。バイデン大統領は攻撃を承認しました。イラクでの米軍に対するロケット攻撃を阻止するために設計された攻撃」

Breaking: Biden Bombs Syria to Punish Iran for Attacks on US in Iraq
Joe Biden personally approved US airstrikes on Syria Thursday in response to recent Iranian-backed militia attacks on US forces in Iraq, Reuters was first to re...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました