社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン政権が進めている「有権者IDなしで投票ができる法案」に国民の75%が反対/ラスムセンレポート

政治
スポンサーリンク

75%が有権者ID法をサポート

2021年3月17日

米国上院がアメリカの選挙法を改正する法案を検討しているが、有権者は依然として、投票する前に有権者が身分証明書を提示することを要求する法律を圧倒的に支持しています。

新しいラスムセンレポートの全国電話およびオンライン調査によると、米国の有権者の75%が、投票を許可される前に運転免許証などの写真付き身分証明書を提示する必要があると考えています21%だけがそのような要件に反対しています。(調査の質問の文言を表示するには、ここをクリックしてください。)

36の州が何らかの形の有権者ID法を制定しましたが、上院が党派投票で下院を通過したHR 1を承認した場合、これらの法は無効になります。批評家は、HR 1は、「自分が本人であると主張するフォームに署名するだけで、誰でも投票できるように州に強制するだろう」と述べています。」

スポンサーリンク

有権者のほとんどは投票IDが必要と考えている

投票者ID法への支持は、67%が投票を許可する前に運転免許証などの写真付き身分証明書の提示を求めるべきだと答えた2018年以降、実際に増加しています。

共和党員の89%が有権者証の提示を支持し、民主党員の60%、主要政党に属さない有権者の77%も支持しています。

民主党は、有権者ID法が黒人の有権者やその他の少数派を差別していると主張していますが、有権者はその主張をほぼ2対1の差で拒否しています。60%(60%)は、世論調査で写真付き身分証明書を要求する法律は差別的ではないと述べ、31%は、有権者ID法は差別的であると述べています。10パーセントは彼らが確信していないと言いました。

スポンサーリンク

有権者の半数近くが、民主党がスチー○したと考えている

昨年の選挙で郵送投票が広まった後、有権者の39%が、郵送投票が前例のない有権者詐○につながったと述べ、47%が、バイデンが勝つことを確実にするために、民主党が投票をスチー○したり、トランプ支持投票を妨害したと考えている。

75% Support Voter ID Laws
As the U.S. Senate considers legislation that would revamp America’s election laws, voters still overwhelmingly support laws requiring that voters show identifi...続きを読む
スポンサーリンク

下院を通ってしまったHR1法案

HR1は選挙の安全性を弱体化させ、不正投票の防止を困難にする。

各州はDMVデータベースから投票者を自動的に登録するが、この法律が成立すると、投票の無資格者をリストから削除することや、有権者情報の正確さを検証することが難しくなる。

HR1法が成立すると、2020選挙で行われた大量郵送投票、期日前投票、16歳と17歳の若者の選挙への登録の許可、オンライン有権者登録、重犯罪者の投票ができることとなる。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました