社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【バイデン逃亡】ロシア外務省「米国がプーチンが提案したバイデンとのビデオ会談を拒否した」と発表/「現状の責任はすべて米国にある」

政治
スポンサーリンク

ロシア外務省は、米国がバイデンとのビデオ会談に関するプーチンの提案を拒否したと発表した

スポンサーリンク

バイデン、プーチンの提案から逃げる

ロシア外務省は月曜日に、バイデン大統領がウラジーミル・プーチン大統領とのライブビデオトークに参加するという提案を拒否したと発表した。

「米国側は、3月19日または22日に米国大統領ジョー・バイデンと、間に蓄積された多くの問題を議論するための公開ビデオ会議の形式で会話するというロシアのウラジーミル・プーチン大統領の提案を支持しなかったことを遺憾に思う。」と述べた。

モスクワは、開発はロシアと米国の関係における現在の行き詰まりから抜け出す方法を見つけるためのもう一つの逃された機会であると言い、現在の状況の責任は完全に米国側にあると強調した。

スポンサーリンク

バイデンはいつか話すと言ったが、その予定はなかった

月曜日の初め、クレムリンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフは、ワシントンがそのような会談の準備を示していなかったため、プーチンがバイデンとの会談を予定していないことを確認した。

先週の金曜日、ジョー・バイデンは、彼とプーチンが「ある時点で話す」ことを「確信している」と述べたが、そのような議論がいつ、どのような形式で行われるかについての詳細は明らかにしなかった。プーチン大統領はその前日、金曜日または月曜日にバイデンとのライブのオープンフォーマットのビデオトークの準備ができていることを示した。

プーチンは、バイデンの「健康」を望み、米国大統領が歴史的犯罪に対する米国の罪悪感をロシアに投影した可能性があることを示唆して、「殺人者」の形容詞を消し去った。
ロシアはバイデンの発言に応えて、ワシントン駐在の大使を呼び戻し、そのような措置は、米英のイラク爆撃後の1998年に一度だけとられた。大使は、大統領のコメントを謝罪し、両国間の関係改善への期待を表明する一般のアメリカ人から多くの手紙を受け取ったと報告した。(sputniknews)

Russian Foreign Ministry: US Has Rejected Putin's Proposal for Video Talks With Biden
On Thursday, a day after President Biden agreed with a journalist's characterisation of the Russian president as a "killer" with "no soul" and threatened new sa...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました