社会の話題と反応を発信していくネットメディア

パウエル弁護士激怒/「アリゾナ州マリコパ郡で210万票の票が再集計されようとしているが、それを阻止しようと選挙管理委員会が「くだらない」会議を開こうとしている」

政治
スポンサーリンク

アリゾナ州マリコパ郡の経緯

👉選挙管理委員会が票の監査に抵抗

👉上院がこれに反発し召喚状を送り票の集計を求める

👉210万票の集計が行われると思われていた

👉しかし、監査委員会は再度これに抵抗し、何かこれに対抗する(集計せずに済む方法はないか)模索する会議を開く(今ここ)

スポンサーリンク

パウエル弁護士のParler

マリコパ郡監督委員会は、昨日アリゾナ州上院がマリコパ郡選挙の監査を進める会社を決定したことについて、うんざりた緊急会議を招集した。

マリコパ郡はこれまで選挙監査の試みに抵抗してきたため、このような事態になったのだ。上院の召喚状に反発し、上院は裁判官に命令を出したが、上院はそれに反発し、より強力な召喚状を作成しなければならなかった。今日の緊急会議で、彼らはこれを遅らせるか、そらすか、阻止するかの別の方法を見つけようとしている。

今日の緊急会議はズームで公開される「かも」しれないので、アリゾナ州マリコパ郡の市民の皆さんには、数時間後にズームコールに出て、次のようなメッセージを何らかの形で伝えることをお勧めします。

“アリゾナ州の上院は、非常に統制のとれた秩序のある行動をとった。

@SidneyPowell - Sidney - Maricopa county Board of Supervisors has just...
Maricopa county Board of Supervisors has just crapped their pants and called an emergency meeting regarding the Arizona Senate deciding on a firm yesterday to g...続きを読む
スポンサーリンク

アリゾナ州上院は3月20日に、2020年の大統領選挙での210万票の投票用紙の再集計を命じている

2021年3月20日
アリゾナ州は、2020年の大統領選挙での210万票の再集計が行われる。

共和党によって管理されているアリゾナ上院は、州で最も人口の多い郡であるマリコパ郡からの投票の別の監査を行う意図を確認する声明を発表した。

木曜日に発表されたアリゾナ州議会の声明は、「広範かつ詳細な」監査を実施し、投票機のテスト、投票用紙のスキャン、IT違反の検索、および手作業での実行を行うと述べている。

「何千人もの有権者がマリコパ郡での2020年選挙の徹底的な監査を求め続けているので、私たちはそれを優先法廷監査チームに絞り込んだことを報告できることを嬉しく思います」とカレンファン州上院議員の3月18日の声明を読んだ。

アリゾナ州上院が大統領選で210万票の投票用紙の再集計を命じる
政治戦略家チャックカレスト「速報:アリゾナ州上院は、2020年の大統領選挙から210万票の投票数を手に入れるよう命じました」 アリゾナ州上院が2020年の大統領選挙から210万票の投票用紙の再集計を命じる 2021年3月...続きを読む

 

タイトルとURLをコピーしました