社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領声明】「バイデンはオバマの副大統領時代より、さらに悪い状況を指揮することになるだろう。私が条件を揃えてやったのにも関わらずだ」

政治
スポンサーリンク

【第45代トランプ大統領声明】

“ジョー・バイデンは、バラク・オバマの副大統領として、すでに第二次世界大戦後最悪の経済回復を指揮していたが、さらに悪い状況を指揮することになるかもしれない。

バイデンは、あらゆる経済的特徴を備えた状態で就任しました。ワープスピード作戦のおかげで、彼のホワイトハウスは歴史上最も優れたワクチン生産プロセスを(トランプ政権から)受け継いだ。

コロナウイルスによる不況は、経済の根本的な失敗ではなく、予防的なロックダウンと需要ショックによって引き起こされたため、国は、2020年初頭の異常にタイトな労働市場と安定した自然な賃金上昇という、パンデミック前の繁栄へと轟音を立てて戻ることができるように思えた

ドナルド・トランプが好きだろうが嫌いだろうが、彼が完全雇用の概念を消滅させたことは否定できない。” Washington Examiner社説の全文はこちらで読んでください。

スポンサーリンク

ワシントン・エキザミナー社説

・ジョー・バイデンの危機的経済状況

ジョー・バイデンは、バラク・オバマの副大統領として、すでに第二次世界大戦後最悪の経済回復を指揮したが、さらに悪い経済を指揮することになるかもしれない。しかし、オバマ大統領が引き継いだ根本的に破壊された経済とは異なり、バイデン氏はあらゆる経済的特徴を備えた状態で就任しました。

ワープスピード作戦のおかげで、彼のホワイトハウスは歴史上最も優れたワクチン生産プロセスを受け継いだのである。コロナウイルスによる不況は、経済の根本的な故障ではなく、予防的なロックダウンと需要ショックによって引き起こされたため、国は、2020年初頭の異常にタイトな労働市場と安定した自然な賃金上昇という、パンデミック前の繁栄へと轟音を立てて戻ることができるように思われた。ドナルド・トランプが好きであろうとなかろうと、彼がかつての完全雇用の概念を消し去ったことは否定できません。

スポンサーリンク

バイデンはすべてを壊している/すべての経済数値は悪化

それなのに、バイデン氏は先行したものを台無しにしている。2020年4月のコロナウィルス不況のピーク時に失われた雇用の半分以上を取り戻してから約1年後、労働統計局は、専門家が予想していた100万人分の雇用とは対照的に、25万人分の新規雇用を創出したに過ぎず、米国史上最悪の雇用報告となった。

失業率は3月の6%から6.1%へと、昨年以来初めて上昇しました。さらに悪いことに、労働力人口が頭打ちになると同時に、数十年ぶりにインフレが進行しているようで、経済的な生産性が低下する可能性があります。しかし、これはバイデン氏の最初の100日間の特徴であり、バグではありません。

スポンサーリンク



まず、すでに30兆ドル近い国家負債を抱えている経済に、前例のない額の現金が投入されました。このことについて、バイデンがすべての責任を負うことはありません。

トランプ大統領が最初に発表したコロナウイルス対策のための支出は封鎖のために必要なものでしたが、トランプ大統領は最後の日に不可解なことに2.3兆ドルの追加を要求しました。その後、バイデンはパンデミック対策という名目で、左翼的な1.9兆ドルの福袋を可決し、今度はFRB(連邦準備制度理事会)だけが資金源となる4兆ドルの追加予算を要求し、ゼロ金利に近い状態を1年間維持するというリスクを冒している。

スポンサーリンク

現金が爆発的に流通し、存在しない金利が支出を抑制し、学校や企業が閉鎖されて労働力が減少

バイデン氏は選挙前から、ステファニー・ケルトン氏のような現代通貨理論(MMT)の支持者を経済政策タスクフォースの重要なポジションに登用していました。バイデンの財務長官であるジャネット・イエレンのような声の大きい人がFRBの危険なハト派姿勢を警告したとき、彼女はすぐに叩かれて公然と方針を変更している。

そのため、現金が爆発的に流通し、存在しない金利が支出を抑制し、学校や企業が閉鎖されて労働力が減少しています。その上、バイデン氏の代表的な政策の失敗は、連邦政府が失業手当を拡大したことで、人々が仕事に復帰することを阻害してしまったことだ。

ホワイトハウスとそのメディアは、雇用不足の原因は企業にあると主張していますが、バイデンも変化が必要であることを認めています。

スポンサーリンク

バイデンは失業手当の延長給付を変更すると言ったが、すでに議会は9月までの支出を認めている

“バイデン氏は、月曜日の講演で、失業保険の延長給付制度を改善したいと考えていることについて、「失業手当をもらっている人で、適切な仕事を紹介された人は、その仕事に就かなければ失業手当を失うということを明確にするつもりだ」と述べた。しかし、議会はすでに9月までの失業手当の追加支出を認めており、救命ワクチン接種キャンペーンによって平常時の生活に戻ることが安全になったにもかかわらず、被害はすでに拡大しています。

労働者は、UIでより多くの収入を得られるからといって、バーやUberの運転席に戻ることを拒否するかもしれませんが、サービスに対する需要は秋まで解消されないでしょう。それどころか、マクドナルドやアマゾンなどの大企業は未来の仕事を自動化して消滅させ続け、中小企業は潰されてしまうだろう。

12年前、オバマ大統領は混乱を引き継いだと正当に主張できた。バイデンは、自分が混乱を招いたことを認める必要がある。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました