社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【痛快】フィリピン、ドゥテルテ大統領「ワクチン打つか留置場に入るかは自分で決めろ」「言っておくが警察の留置場は不潔で悪臭を放っているぞ。掃除をしてないからな。そこがお前らの居場所だ」

コロナ
スポンサーリンク

ワクチンを打つのか、留置場に入るかは自分で決めろ」

言っておくが警察の留置場は不潔で悪臭を放っているぞ。

警察は掃除をサボっているからな。

そこがお前らの居場所だ

拒否するならお前を逮捕する。

スポンサーリンク

ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ(wikipedia)

(Rodrigo Roa Duterte, 1945年3月28日[1] – )は、フィリピンの政治家。現在、同国大統領(第16代)。ダバオ市長を7期務めた。

長女のサラ・ドゥテルテはダバオ市長、長男のパオロ・ドゥテルテはダバオ市選出の下院議員、次男のバステ・ドゥテルテはダバオ副市長に当選した

ドゥテルテは大統領就任前から麻薬撲滅のために厳しい態度で臨むことを表明しており、就任後の施政方針演説では「麻薬王や資金源、密売人の最後の一人が自首するか、あるいは投獄されるまでやめない。彼らが望むならあの世に葬り去ってもよい」と公言した。

スポンサーリンク

悪党には人権無視

この発言は当然人権上問題がある発言であるが、ドゥテルテは「人権に関する法律など忘れてしまえ。私が大統領になった暁には、市長時代と同じようにやる。麻薬密売人や強盗、それから怠け者ども、お前らは逃げたほうがいい」として、人権を事実上、無視することにしている。

実際に、麻薬犯罪に関わる容疑者を裁判にかけることなく、逮捕の現場で射殺する事件が2016年に就任後わずか1ヶ月余りで1800件が発生している。9月18日には麻薬取引に関与する者が多すぎて「全員をこ○しきれない」と述べ、厳しい取り締まりを6か月延長することを発表し、就任から半年後の12月21日には麻薬戦争の死者が6182人に達した。

ロドリゴ・ドゥテルテ - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

【アリゾナ監査】アリゾナ州マリコパ郡の最終投票用紙検査の完了!/月曜日以降すぐに、マリコパ郡で投じられた真の投票数が発表される!/逆転の場合、上院はバイデン勝利の承認解除が必要となる
歴史に残る、アリゾナ州の最終投票用紙検査の完了 - 月曜日に真の投票数が発表される際には、膨大な速報が予想されます。 2021年6月25日 アリゾナ州監査は、金曜日に手計算と紙による評価の両方の検査を正式に終了しました。 これから...続きを読む
第45代トランプ大統領、動画サイト「Rumble」に公式アカウント開設!/Rumbleは保守派に支持されており、YouTubeの最大のライバルとなっている
ドナルド・トランプ氏、YouTubeに代わるランブルに参加 2021年6月27日 ドナルド・トランプ元大統領が、YouTubeに代わる言論の自由を保障する動画共有プラットフォームであるRumbleの公式アカウントを作成し、認証を受け...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました