社会の話題と反応を発信していくネットメディア

<動画あり>【45th大統領、ビッグテックに集団訴訟2】ドナルド・トランプは「T,F,Gのビッグテックの巨人に対して大規模な集団訴訟を起こした」と発表/アカウント復活とセクション230の違憲性を求める

政治
スポンサーリンク

ドナルド・トランプは、ビッグテックの巨人に対して大規模な集団訴訟

ドナルド・トランプは、「フェイスブック、グーグル、ツイッターなどのビッグテックの巨人に対して大規模な集団訴訟を起こした」と発表した。

トランプ「今年の初めに現職のアメリカ大統領を禁止したという事実以上に、ビッグテックが制御不能であることを示す証拠はないだろう」

スポンサーリンク

ドナルド・トランプ前大統領は、ハイテク大手のツイッター、フェイスブック、グーグルに対する集団訴訟を発表し、偏見と検閲を非難

2021年7月7日

ドナルド・トランプ元大統領は、1月6日の米国連邦議会議事堂襲撃事件を受けてソーシャルメディア大手が同氏の投稿を禁止し、同氏や他の保守派に対する「不法な」検閲を行ったとして、ハイテク大手のツイッター、フェイスブック、YouTubeの親会社グーグルを相手に集団訴訟を起こすことを発表した。

トランプ氏は、水曜日の朝、ニュージャージー州ベッドミンスターにあるゴルフリゾートで、「私たちは、シャドウ・バンニングをやめ、沈黙をやめ、あなた方がよく知っているブラックリスト、追放、取り消しをやめさせることを要求している」と述べた。

「この検閲が非合法であり、違憲であり、完全に非アメリカ的であることを証明します」と述べた。

この行動は、発表会でトランプ氏を紹介した元トランプ氏のリンダ・マクマホン氏とブルック・ロリンズ氏が代表を務める「America First Policy Institute」が支援しています。AxiosがAFPIの関与を最初に報じた。

トランプ氏は、ツイッターを永久追放され、さらに2年間はフェイスブックへの復帰ができなくなっている。

スポンサーリンク

アカウントを直ちに復帰、通信品位法230条((*)セクション230)を違憲とする判決を求める。

Google/YouTube、Facebook、Twitterに対して起こされたこの訴訟は、原告およびクラスに対して、裁判で決定される金額の補償的および懲罰的損害賠償、サイトが原告のアカウントを直ちに復帰させるための差し止め命令、サイトが投稿から警告ラベルや分類を削除し、さらなる警告を行わないようにする命令、1996年通信品位法230条を違憲とする判決を求めている。

トランプ氏の発表に対し、ハイテク企業3社はいずれもコメントを出していない。
トランプ氏は、禁止令を出す以前から、言論の自由や検閲をめぐって、これらのサイトと長年にわたって争ってきた。

集団訴訟を利用することで、トランプ氏は、政治的な偏見のために検閲されたと主張する幅広いグループを代表して提訴している。

「我々は裁判所に、これらのソーシャルメディアの巨人に懲罰的損害賠償を課すよう求めます」とトランプ氏は述べている。我々は、ビッグ・テック社の責任を厳しく追及する。これは、他の多数の訴訟の最初のものだ」

トランプ氏は、COVID-19に対するヒドロキシクロロキンやその他の治療法に関する投稿を含め、コロナウイルスのパンデミックのために自分や他の人の投稿が検閲されていることについて激怒した。

トランプ氏は、「自由は、多くの異なる側からの脅威と攻撃を受けている。ソーシャルメディアは、政府や主流メディア、政党の大部分と協力して米国民の意見を抑圧しようとする大手技術者集団に並外れた力を与えており、彼らはそれに非常に成功している」と述べた。

スポンサーリンク

何千人もがこの訴訟に参加したいと考えている最大規模の訴訟

さらに同氏は、「何千人もの人々」がこの訴訟に参加したいと考えていると述べ、この種の訴訟としては最大規模であるとした上で、ソーシャルメディアのプラットフォームからのアクセスを禁止されたと訴えている人々を紹介した。

ツイッターとフェイスブックは、禁止措置は国会議事堂への攻撃を受けて安全上の理由から制定されたとしています。5月には、フェイスブックの独立した監視委員会が、彼のアカウントを停止するという同社の決定を支持した。

しかし、1月6日以前にも、トランプ大統領はドーシーとザッカーバーグ、そしてビッグテックを狙い、ユーザーがプラットフォームに投稿したコンテンツについてソーシャルメディア企業が責任を負わないようにする法的保護を制限する内容の大統領令に署名したが、ジョー・バイデン大統領は、5月にこの大統領令を撤回した。

スポンサーリンク

元元スポークスマンであるジェイソン・ミラー氏がGETTRを立ち上げた

先週、トランプ氏のチームは、GETTRと名付けられた新しいソーシャルメディアプラットフォームを立ち上げ、ビッグテックサイトに代わるものとして宣伝し、「キャンセル文化と戦い、常識を広め、言論の自由を守り、ソーシャルメディアの独占に挑戦し、真のアイデアの市場を作る」ことに専念するとしている。
トランプ大統領の元スポークスマンであるジェイソン・ミラー氏がこのプラットフォームを率いている。

このアプリは、6月中旬にGoogleとAppleのアプリストアで公開されました。これは、保守的な技術やソーシャルメディアプラットフォームにおける最も注目度の高いプロジェクトのひとつと考えられており、特に1月6日に国会議事堂で起きた事件の後、主要サイトが前大統領の発言禁止措置を維持していることから、ビッグテックがトランプ派のコメントを封じ込めようとしたと非難されている中での発表となった。

水曜日までは、ミラーがサイトを運営し、マイク・ポンペオ元国務長官やスティーブ・バノンなど、トランプの周辺の人物がプロフィールを確立していても、トランプは新しいアプリで存在感を示していなかった。

トランプ氏のブログページ「From the Desk of Donald J. Trump(ドナルド・J・トランプのデスクから)」は、6月上旬に同氏のウェブサイトから削除され、「戻ることはありません」とミラー氏は述べている。(newsmax)

https://www.newsmax.com/newsfront/donald-trump-social-media-announcement/2021/07/07/id/1027768/
スポンサーリンク

(*)米国のセクション230とはTwitterやFacebookは「プラットフォームのみを提供しているに過ぎない」とする優遇措置

2020年12月24日

セクション230は、プラットフォームはそのプラットフォーム上のコンテンツのパブリッシャーとはみなさないというもの。

大まかに言えば、プラットフォームは発言の場を提供しているだけなので、どのような発言があってもその発言に責任はないということ。

例えば米Facebookが2016年の大統領選でのフェイクニュース拡散の責任を法的に問われないのは、この条項のためだ。

セクション230については、Twitterによって投稿に警告ラベルを付けられたドナルド・トランプ米大統領が5月末、プラットフォームに責任を問う改訂についての大統領令に署名し、ウィリアム・バー司法長官が6月に改定案を発表しているが、法律改定は最終的に議会の承認が必要。

(itmedia)抜粋

第一報

スポンサーリンク

参考記事

BIG!!/トランプ氏も参加か!?/前スポ前トランプスポークスマン、ジェイソン・ミラー氏、プラットフォーム『GETTR』の立ち上げを発表/Twitterのような機能があるソーシャル・プラットフォーム
・前トランプスポークスマン、ジェイソン・ミラー氏が新PFを発表 ・NEWSMAXでトランプ氏を誘っているということは、トランプ氏が参加する可能性(未確認です) ・スマホアプリもある模様 前トランプスポークスマン、ジェイソン・ミラー(N...続きを読む
現在の対中制裁はすべて「トランプ政権、ポンペオ発言」から始まった/ポンペオ前国務長官:「我々は、中国国内でジェノサイドが行われ、進行中であると宣言した。これからも非人道的行為に声を上げ続けなければならない」
ポンペオ前国務長官のツイート 我々は、中国国内でジェノサイドが行われており、現在も進行中であることを宣言した。 私は、中国共産党が自国で行っているジェノサイドを含む非道な人権侵害に対して、声を上げ続けなければならない。 ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました