社会の話題と反応を発信していくネットメディア

エプスタインが行っていた未成年者の性的人○売買等について調査した「ジェフリー・エプスタイン物語」という本が発売される/エプスタインとその恋人マクスウェルは父親を亡くした少女に、奨学金の提供を申し出たあと性的行為におよんだ

事件
スポンサーリンク

ジェフリー・エプスタイン、ミシガン州の有名なアートキャンプで初めて未成年の被害者と出会う:本

ジェフリー・エプスタインの被害者は67人。

この本のタイトルは「Perversion of Justice: The Jeffrey Epstein Story(ジェフリー・エプスタイン物語)」と題されたこの本は、エプスタインが行っていた未成年者の性的人身売買と、その被害者への影響について、ブラウンが長年にわたって行ってきた調査の詳細を記したものです。

ブラウンは、エプスタインが自分の財産を使って「若い女性を食い物にしていた」ことを語っています。その中には、エプスタインがキャンパス内にロッジを建設していたアートキャンプ「インターロッヘン」の参加者も含まれていました。

エプスタインは、長年の仲間であるギレーヌ・マックスウェルと一緒に、頻繁にこのキャンプに出かけていました。1994年、2人はキャンプで13歳の少女と「親しくなった」と報じられた。

その少女は、クラシック音楽の指揮者である父親を亡くしたばかりで、まだ悲しみを抱えていて、傷つきやすかった」とブラウンは抜粋して書いている。「キャンプはエプスタインに関する苦情を受けたことがないと主張しており、現在カリフォルニアに住んでいるその女性は、公に発言していません」

スポンサーリンク

エプスタインとマクスウェルが13歳の少女に声をかけた

ブラウン氏は、2020年1月に身元不明の女性が、13歳の時にアート・キャンプでエプスタインと同様の会合を持ったとする訴訟を起こしたことを指摘しました。

「その女性によると、授業の合間にひとりでベンチに座っていたところ、エプスタインとマクスウェルが近づいてきて、自分たちはアートパトロンで、自分のような才能ある若いアーティストに奨学金を与えたいと言ってきたとのことです」と抜粋している。

訴訟の中で女性は、エプスタインとマクスウェルは彼女の経歴について質問し始め、最終的にエプスタインは彼女の電話番号を尋ねたと主張しています。エプスタインはその後、少女の母親に連絡を取り、「若い才能を助けた」と主張し、2人をパームビーチの豪邸に招待したという。

「エプスタインとマクスウェルは、それからの数ヵ月間、13歳の少女を手なずけようとした。エプスタインは彼女に自分を “ゴッドファーザー “と呼ぶように言い、マクスウェルは彼女を姉のように慕っていたと訴訟では主張している」

スポンサーリンク

奨学金や生活費をえさに

「二人は彼女を映画に連れて行ったり、買い物に行ったりして、どんどん屋敷に誘っていきました。やがて、性的な発言が始まった」。

エプスタインは、少女の音楽レッスンの費用を支払い、母親にもお金を渡したとされている。

この本によると、エプスタインは数年間にわたって少女を暴行し、マクスウェルは彼の誘いに抵抗すると叱ったとされています。エプスタインは、少女と母親をニューヨークのアパートに住まわせ、少女が私立学校に通うための費用を負担したとされている。

「1999年、彼女が18歳のとき、ついに彼と別れ、新しい生活を始めるために引っ越した。しばらくの間、エプスタインは何度も電話をかけてきて、自分に感謝していないと彼女を責め立てました。しかし、すぐに電話はかかってこなくなった。それまでにエプスタインは新しい若い獲物に移っていた」と抜粋されている。

エプスタインは、2019年に連邦刑務所で性売買容疑の裁判を待っている間に命を絶った。マクスウェルは昨年7月から収監されており、未成年者への誘惑、子どもの性売買、偽証の罪に直面している。(foxnews)

Jeffrey Epstein met first known underage victim at prestigious Michigan arts camp: book
Deceased convicted sex offender Jeffrey Epstein met his first known underage victim at a Michigan summer arts camp to which he had heavily donated, according to...続きを読む
スポンサーリンク

性的人身売買事件で連邦裁判所によって開封された数十のギレーヌマクスウェルファイル

ロレッタ・プレスカ裁判官は先月、マクスウェルの個人的な事柄に関する数十の文書とエプスタインの告発者バージニア・ジュフレの名誉毀損訴訟からの文書を開封することを決定した。

マクスウェルの弁護士はこの動きに反対していた。ジュフレは、エプスタインとマクスウェルが彼女が17歳のときに彼女を人身売買したと主張している。彼女は今30代だ。

「すぐに、 『私は島にいて、ギレーヌ・マクスウェルががいた』と彼女は言った。 『彼らは私にセックスを求めた、私はノーと言った。』

マクスウェル(59歳)は、1990年代から2004年にかけて、エプスタインに性的虐待を受けることを宣誓し、少女を募集、身だしなみ、人身売買した罪で起訴されています。 。裁判は7月に延期された後、11月に開始される予定です。(foxnews)

Dozens of Ghislaine Maxwell files unsealed by federal court in sex trafficking case
A federal court in New York unsealed dozens of documents Thursday in the sex trafficking case against Ghislaine Maxwell, the alleged madam for disgraced financi...続きを読む
スポンサーリンク

エプスタインとマクスウェル

ジェフリー・エドワード・エプスタイン(wikipedia)

1953年1月20日 – 2019年8月10日。アメリカ合衆国の実業家、投資家。児童買春で有罪となった。

2019年8月10日、再審の申し立てで逮捕・拘留されていたニューヨーク州の拘置所内で首を吊って自殺したと発表された。しかし、エプスタインの遺族や弁護団は、この自殺という判断に異を唱えている。

ジェフリーの弟のマーク・エプスタインから、鑑定を依頼された法医学者マイケル・バーデンは、2019年10月30日、他殺されたことを示す証拠があると発表している

ジェフリー・エプスタイン - Wikipedia
ギレーヌ・ノエル・マリオン・マクスウェル(wikipedia)

1961年12月25日生まれ。金融業者であり性犯罪者として有罪判決を受けたジェフリー・エプスタインとの関係で知られるイギリスの社交界の人物。1991年に父親が死去してからアメリカ合衆国へ移住し、投資家で有罪判決を受けた性犯罪者のジェフリー・エプスタインと懇意になった 。

ギレーヌは、2019年にエプスタインが勾留中に自殺した後に行方不明となっていたが、2020年7月2日、性犯罪目的の未成年者誘拐・斡旋共謀などの容疑で逃走先のニューハンプシャー州で連邦捜査局に逮捕された

Ghislaine Maxwell - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

【JUST IN】アリゾナ州ブルノビッチ司法長官、州務長官に2020選挙の有権者不○の可能性の証拠を提出するよう要請
アリゾナ州司法長官、州務長官に有権者不正の可能性の証拠を提出するよう要請 アリゾナ州の司法長官事務所は、トランプ前大統領とその同盟者がマリコパカウンティの役人に圧力をかけたとされる経緯を調査するよう同州の州務長官に依頼した後、不正選挙違反...続きを読む
45thトランプ大統領声明「2020年大統領選の有権者不○は記念すべきものであり、事実は日々明らかになっている!アリゾナ州のRINOマリコパ郡委員会は、早くルーターを提供せよ」
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 「なぜアリゾナ州のRINOマリコパ郡委員会はルーターを提供しないのか?アリゾナ州の監督委員会はなぜルーターを提供しないのか?彼らは何を隠そうとしているのか?彼らは生きるか死ぬかの戦いをして...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました