社会の話題と反応を発信していくネットメディア

45thトランプ大統領声明「2020年大統領選の有権者不○は記念すべきものであり、事実は日々明らかになっている!アリゾナ州のRINOマリコパ郡委員会は、早くルーターを提供せよ」

政治
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」

「なぜアリゾナ州のRINOマリコパ郡委員会はルーターを提供しないのか?アリゾナ州の監督委員会はなぜルーターを提供しないのか?彼らは何を隠そうとしているのか?彼らは生きるか死ぬかの戦いをしているのだ。何が起こっているのか?ルーターを提供せよ!」

「2020年大統領選の有権者不○は記念すべきものであり、事実は日々明らかになっている!」

スポンサーリンク

アリゾナ州の監査が終わりに近づく中、監査官は未だにマリコパ郡のルーターへのアクセスを拒否されている

アリゾナ州マリコパ郡の2020年の選挙結果に対する論争の多い監査が終わりに近づいていますが、監査官は、郡の記録を完全に確認するために重要だと監査官が考えているコンピュータ機器へのアクセスがまだできていない。

マリコパ郡当局は5月、当時の選挙監査官が要求したルーターの引き渡しを拒否しました。これは、同郡では複数のルーターにさまざまな部門が混在しているため、引き渡しを行うとセキュリティ上のリスクが生じると主張したものだ。

このルーターの中には、「法律で開示できない重要な法執行データや、マリコパ郡の住民の保護されるべき健康情報や完全な社会保障番号も含まれている」という。

スポンサーリンク

ルーターにアクセスすることが「決定的に重要」

当時、郡はセキュリティ上の特権を主張し、監査役は州議会上院の召喚に応じるよう郡に指示した判事の判決を指摘して、この問題は膠着状態にあるように見えた。

しかし、数ヶ月後、監査作業の大部分が終了しても、ルーターは証拠ファイルに全く含まれていない。今週行われた州議会上院の公聴会で、主任監査官のベン・コットンは、監査を完全に終えるためには調査員がルーターにアクセスすることが「決定的に重要」であると述べた

ルーターが最終的に監査人の手に渡るかどうかは不明である。マリコパ郡上級裁判所のティモシー・トマソン判事が2月に下した判決では、郡職員が「召喚された資料の機密保持を義務付ける法令に基づいて、召喚を回避する」ことは認められないとしている。(justthenews)

As Arizona audit winds down, auditors are still denied access to Maricopa Co. routers
County has claimed that turning over routers would constitute a security risk.
スポンサーリンク

参考記事

共和党の政治家の間でも、ほとんどの人が、マイク・ペンス元副大統領は「2024年大統領選候補」の初期段階で「終わっている」と考えている(politico)
ほとんどの人はマイク・ペンス元副大統領は終わっていると考えている 草の根レベルでも、共和党の政治家の間でも、ほとんどの人が、マイク・ペンス元副大統領は2024年の大統領選の候補者の初期段階で死んでいると考えています。 ペンス氏に...続きを読む
韓国政府、東京五輪に文在寅大統領は訪日しないことを決めたと発表/韓国側が「実質的な成果が条件」とハードルを上げたことが原因(毎日)/ネットの声「成果を求められた日本側が蹴ったって感じね」「会ってたら政権終わっていた」
佐藤正久議員 日テレNEWS 韓国大統領府は「訪日しないことを決めた」と発表 東京オリンピックに合わせて調整が進められていた韓国の文在寅大統領の日本訪問について、韓国大統領府は「訪日しないことを決めた」と発表しました。...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました