社会の話題と反応を発信していくネットメディア

サンフランシスコの保安官組合、ワクチンの接種を強制された場合、警官は辞めるか退職すると警告/市はすべての公務員にワクチン接種を義務付けている

政治
スポンサーリンク

サンフランシスコの保安官組合は、COVIDワクチンの接種を強制された場合、警官は辞めるか退職すると警告しています。

スポンサーリンク

サンフランシスコの保安官組合は、COVIDワクチンの接種を強制された場合、警官は辞めるか退職すると警告している。

サンフランシスコでは、9月15日までにすべての公務員にワクチン接種を義務付けている。

カリフォルニア州サンフランシスコの保安官代理を代表する組合は、コロナウイルスワクチンの接種を強制された場合、職員は辞めたり退職したりするだろうと警告した。

「サンフランシスコ副保安官協会(SFSO)は、金曜日にFacebookに投稿した記事の中で、「我々が今直面している問題は、ワクチンを接種しなければ解雇されるという厳しいサンフランシスコ・接種義務である。

「もし副保安官がワクチン接種を強制されたら、彼らの何割かは早期に退職するか、他の場所での雇用を求めるだろう」と書いています。

スポンサーリンク

組合は接種していない警官に対してはフェイスマスクの着用を継続することで十分

この投稿によると、大多数の警官はワクチンを接種していますが、組合は接種していない警官に対してはフェイスマスクの着用を継続することで十分だと考えています。

「700人中約160人の副保安官は、宗教上の理由やその他の信念から、ワクチンを接種する代わりに、マスクをして毎週検査をすることを希望する」と投稿は続きます。

組合は、市にはこれ以上副保安官を失う余裕はなく、ワクチン義務化のために警官が辞職すれば、公共の安全に悪影響を及ぼすと付け加えている。

組合からの発表は、サンフランシスコで銃撃事件や暴行事件が急増している中で行われた。

先月、サンフランシスコ市は、全公務員(約3万5千人)に対し、9月15日までにコロナウイルスの予防接種を受けなければ解雇される可能性があると発表した。

San Francisco sheriffs' union warns officers will quit or retire if forced to receive COVID vaccine
A San Francisco, California, union representing local sheriffs' deputies is warning that officers will quit or retire if they are forced to receive the coronavi...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【45thトランプ大統領】「バイデンのインフラ法案にはインフラのことなど一つも書いていない。この法案は、あなたを追跡し、行動をすべて監視する」/インフラ法案は「新しい暗号通貨監視法案」であり、暗号通貨を使用するユーザーは個人監視される恐れがあるとの指摘
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領– 2021年8月7日 「ジョー・バイデンのインフラ法案は不名...続きを読む
【動画あり】コロンビア市長が警備員を襲う幽霊の「超常現象の動画」を公開/政府のオフィスビルに設置された防犯カメラで撮影された
コロンビア市長が、警備員の一人に幽霊が襲いかかったとする「超常現象」の動画を公開した コロンビアの市長が警備員を襲う幽霊の動画を公開 2021年8月6日 コロンビアのある都市の市長が、幽霊が警備員を攻撃していると主張する動画を...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:SF警察HP)

タイトルとURLをコピーしました