社会の話題と反応を発信していくネットメディア

サンデー・タイムズ紙の調査によると、中国がWHOと密や◯し「Covid」の起源を隠ぺ◯:世界保健機関がパンデミック阻止の機会を逸したと報告/・WHOは誤った情報に異議を唱えず、緊急事態の宣言を遅らせ、中国への渡航禁止に反対していた

中国
スポンサーリンク

中国、WHOとの密や◯で「Covid」の起源をぺ◯:世界保健機関がパンデミック阻止の機会を逸したと報告

スポンサーリンク

中国とWHOの密や◯によりCovidの起源が隠ぺ○されていた

15 August 2021

報告書によると、北京による「積極的な」影響力のあるキャンペーンの結果、実験室からの漏洩説に関する質問が取り下げられたため、世界保健当局はパンデミックを阻止するチャンスを逃した。

・中国は世界保健機関(WHO)のCovid-19対応に影響を与える努力をしていた
・サンデー・タイムズ紙の調査では、WHOの独立性が損なわれていると指摘されています。
・WHOは誤った情報に異議を唱えず、緊急事態の宣言を遅らせ、中国への渡航禁止に反対していた
・世界中で430万人以上がCovidにより死亡しており、英国では130,894人が死亡している
中国は、貧しい国に財政的な影響力を行使して、好意的な人物を役職に就かせたと示唆されている中国政府は、世界保健機関(WHO)によるコヴィドの初期発生への対応に「積極的な」影響力を行使し、パンデミックを阻止するチャンスを逃してしまったと主張している。

サンデー・タイムズ紙の調査によると、北京が意思決定をコントロールし、調査を妨害し、さらには役人を任命しようとしたことが明らかになった。

その報告書によると、2020年初頭に致命的なウイルスが世界的に蔓延する前に、保健機関の独立性が損なわれていたとしている。

同誌は、WHOが中国の誤った情報に公に異議を唱えず、国際的な緊急事態の宣言を遅らせ、各国政府が自国の経済を守るために中国への渡航禁止措置をとるのを阻止したと主張している。

スポンサーリンク

また、WHOは中国と「裏取引○」をして、Covid-19の起源に関する調査を縮小したとも言われている

ある調査によると、中国はコロナウイルスのパンデミックが起こる前に、世界保健機関(WHO)に対して「攻撃的な」影響力を行使し、意思決定をコントロールし、調査を妨害し、さらには優先的な役人を任命したと主張している。

これは、コロナウイルスが2019年12月に市内のウェットマーケットで希少な動物から発生したのではなく、実際に武漢の研究所から逃げ出したという説から科学者を遠ざけることを意味した

この説は当初、「極めてありえない」と退けられていたが、現在では実験室で「ヒューマンエラー」があったかもしれないとしている。米国からは、潜在的な原因を調べるよう圧力がかかっている。

Covid-19はその後、世界中に広がり、現在までに430万人以上が死亡し、そのうち130,894人が英国で死亡しているという。

China's secret deal with WHO to hide origins of Covid
An investigation has claimed China used 'aggressive' influence on the World Health Organisation to control decision making, sabotage investigations and even ins...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】フランス、ワクチンパスポートに怒りが収まらず、5週連続でデモが行われる/合計200件近い抗議活動がフランス全土に広がり、21万人以上がデモに参加
フランスのバンヌでは、マクロン大統領のCOVID命令に抗議する数千人が街頭に立っている フランス政府の推計によると、全国で21万5千人が今日、反ワクチンパスポートのデモに参加した。 200件近い抗議活動 パリ: 政府のワクチン...続きを読む
アメリカ、オクラホマでもバイデン政策に反対する大規模デモ/共和党の州、オクラホマの州議会議事堂で数千人がワクチンパスポート、マスク義務化に抗議、「USA」と叫ぶ
オクラホマ州議会議事堂で数千人がワクチンパスポート、マスク義務化に抗議、「USA」を叫ぶ 2021年8月14日 オクラホマシティのオクラホマ州議会議事堂に数百人規模の群衆が集まり、COVID-19ワクチンパスポート、フェイスマスク義...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました