社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【バイデン政権混乱】政府のていを成さず「バイデンは会見で「アメリカ人がタリバンに殴られていることを政府は知らない」と述べたが、オースティン国防長官は「承知している」と述べた/民主党、共和党は超党派でバイデン政権の撤退の実行について調査

事件
スポンサーリンク

オースティン氏、バイデン氏と矛先を変え、アメリカ人がタリバンに「やられた」と発言

08/20/2021

ロイド・オースティン国防長官は金曜日、議員に対して、アフガニスタンから脱出しようとするアメリカ人がタリバンの戦闘員に殴られていると語ったと、オースティンや他の高官とのブリーフィングコールに参加した複数の人々が語っている。

オースティンの発言は、その数分前に行われたジョー・バイデン大統領の評価に真っ向から反論するものであった。

バイデン大統領は、タリバンの検問所を通過してカブールの空港(タリバンに支配されていない国内唯一の避難場所)に向かうアメリカ人に問題が生じていることを米国は知らないと述べていた。

スポンサーリンク

オースティンは、タリバンに殴打されたという報道を認めた

オースティン氏は、タリバンに殴られたという報道を「受け入れがたい」としながらも、首都カブールのハミド・カルザイ国際空港への安全な移動を確保するための取り組みについては詳しく述べなかった。特に、アメリカ人やその他の人々の安全を確保するために、米軍が空港を越えて移動する可能性については、「否定も否定もしない」と述べた。

複数の情報筋によると、オースティン氏は、「アメリカ人を含む何人かの人々がタリバンに嫌がらせを受けたり、殴られたりしていることも承知している」と通話中に述べた。「これは容認できないことであり、指定されたタリバンのリーダーにそのことを明確に伝えた」と述べた。

スポンサーリンク

民主党主導の議会委員会が公聴会を開き、超党派的な非難を浴びているバイデン政権の撤退の実行について調査

すでに、少なくとも4つの民主党主導の議会委員会が公聴会を開き、超党派的な非難を浴びているバイデン政権の撤退の実行について調査することを宣言している。

ミレー氏は議員に対し、軍はカブールからのC-17避難便を1日12便から数日後には30便以上に増強すると述べたとのことです。

金曜日の初め、バイデンは初めて、アフガニスタンの同盟国で国外退去を希望する米国人を全員退去させることを約束し、これまでアフガニスタン国内の米国人にしてきた同じ約束を拡大した。また、オースティン氏は、米軍が戦争中にアメリカ人を助けたアフガンのトップ司令官を退避させることに「絶対に」同意したことを確認した。

共和党は、4月に発表されたバイデン氏のアフガニスタンからの撤退を最も批判している。金曜日に行われたブリーフィングでは、ケビン・マッカーシー下院議員がこの撤退を「大きな間違い」と発言した。

スポンサーリンク

オースティンは8月の撤退期限に間に合うかは不明と述べる

オースティンは、8月31日の撤退期限を意識して、「今から撤退するまでの間に、できるだけ多くの人々を避難させるために努力します」と語った。「もし、もっと時間が与えられれば、もっと時間をかけるつもりだ。…それができるかどうかは不明です」。

バイデンは、8月31日までに避難が完了しなければ、それ以降もアフガニスタンに部隊を駐留させることを示唆している。

オースティン氏はまた、追加の部隊を派遣する可能性に関して、米国はいかなる選択肢も排除していないと述べた。この1週間で数千人の米軍がカブール空港に派遣され、避難を支援したり、飛行場の周囲を維持したりしている。

Austin contradicts Biden, says Americans have been ‘beaten’ by the Taliban
The President said Friday that the U.S. was not aware of Americans having trouble getting to the airport in Kabul.
スポンサーリンク

参考記事

【45thトランプ大統領声明】「私がいたら、このような歴史的大惨事はおこならかった。タリバンは私が火と怒りの雨を降らせることを知っていたからだ」「バイデンは民間人を置き去りにし、850億ドルの軍事兵器をタリバンに渡したことを国民に謝罪すべきだ」
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明:私がいればアフガンの災害は起こらなかった」 「今回のアフガン災害は、トランプがいれば起こらなかっただろう。タリバンは、もしアメリカの人員や利益が害されたら、私が火と怒りの雨を降らせることを知...続きを読む
【動画あり】記者の怒りは頂点に!卑怯者バイデン、三たび記者の質問から逃げ出す!/記者「米国人は安全だと言ったが、タリバンに暴行され搭乗を妨害されている!」バイデンは質問に答えず、記者の罵声、怒号、痛罵、非難を背中に浴びながら、ハリスらと逃げ出す
バイデン氏、記者の「なぜタリバンを信用するのか」という質問を無視して壇上から逃げ出す 2021年8月20日 ジョー・バイデンは、アフガニスタンに捕らわれたアメリカ人を安全に避難させるための米国の取り組みに関する記者会見に、1時間近く...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました