社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【HUGE:不都合な真◯】インドのウッタル・プラデーシュ州が「イ******」の有◯性を証明/ワクチンの完全接種率はたったの5.8%だが、インド全州で5位以内の低い感染率/回復率は98.7%。州政府は予防薬として承認(thegatewaypundit)

コロナ

「イ******」とはあれのことです。以下「あれ」で示します。

スポンサーリンク

インドのウッタル・プラデーシュ州がCOVID-19フリー 「虫下し」あれの有◯性を証明

2021年9月15日

ゲートウェイパンディットでは以前、インドではその膨大な人口にを普及させる新しいルールのおかげで、COVIDの症例が激減していると報じた。

インドのウッタル・プラデーシュ州の33の地区は、現在、COVID-19政府が金曜日に知らせたCOVIDから解放された。回復率は98.7%まで上昇した。もちろん、メディアはCOVID-19の治療にが使用されていることには触れない。

この州は、2021年には2億4100万人の人口が推定されており、インドで最も人口が多い州だ。 これは2021年の米国の人口のほぼ3分の2に相当しますが、現在はCOVID-19フリーの国となっている。

では、米国は何を間違えているのか?ファウチ博士に聞いてみよう。

スポンサーリンク

州全体では、アクティブなケースは199件で、陽性率は0.01%以下にまで下がった

一方、回復率は98.7%に向上している。同州の保健情報によると、ウッタル・プラデシュ州では、この24時間で新たに報告されたCovid-19感染者はわずか11人、死亡者は0人だった。

ウッタル・プラデーシュ州の有効な症例数は269件に減少しており、確認された症例総数に対する有効な症例数の割合は0%。

4月には3,10,783件と最高だった有効症例数は、99%以上減少している。

州内の新しいCovid-19症例は、50日連続で100を下回っている。過去24時間に検査された1,87,638サンプルのうち、21人が陽性と判定された。

同じ期間に、さらに17人の患者が感染から回復し、これまでに16,86,182人以上が回復したことになる。

ウッタル・プラデーシュ州は、すべての家族接触者にを早期に予防的に使用しているインドでも有数の州だ。この州は、米国の完全接種率が54%であるのに対し、完全接種率が5.8%と低いにもかかわらず、インドの全州の中でCOVIDの発症率が5本の指に入るほど低い州だ。

スポンサーリンク

ウッタル・プラデーシュ州は、あれの大規模な予防的・治療的使用を導入した国内初の州である。

2020年5月から6月にかけて、Anshul Pareek博士が率いるアグラのチームが、実験的に同地区のRRTチームメンバー全員にを投与した。ウッタルプラデシュ州のサーベイランスオフィサーであるVikssendu Agrawal氏は、「ウイルス検査で陽性となった患者と日常的に接触していたにもかかわらず、彼らの誰もがCovid-19を発症しなかったことが観察されたと述べている。

アグラでの調査結果に基づいて、州政府はコヴィド患者のすべての接触者にを予防薬として使用することを承認し、その後、そのような患者の治療のために治療薬を投与することを許可したという。

同氏は、第1波以降、がタイムリーに導入されたことで、同州は人口密度が高いにもかかわらず、比較的低い陽性率を維持していると主張した。

同氏は、積極的な接触者追跡やサーベイランスの他に、陽性率や致死率が低いのは、同州でが大規模に使用されていることに起因しているのではないかと述べ、同剤が最近、コヴィドの治療と管理のための国家プロトコルに導入されたと付け加えた。

もちろん、WHO、製薬会社、フェイクニュースメディア、そしてファウチはこの大きな進展に満足していない。New York Timesはこのニュースでメルトダウンするだろう。(thegatewaypundit抜粋)

HUGE: Uttar Pradesh, India Announces State Is COVID-19 Free Proving the Effectiveness of "Deworming Drug" IVERMECTIN
  The Gateway Pundit previously reported that COVID cases are plummeting in India thanks to new rules that promote Ivermectin and hydroxychloroquine to its mass...続きを読む
スポンサーリンク

本日(9/16)の虎ノ門ニュース

有本香氏が北里大学の花木教授にインタビュー

アフリカ系のリンパ系の病気の特効薬として40年前から安全性が確認されている薬。インド、コロンビアではドラックストアで買える。

虫下しの薬で効果を発揮。発展途上国で治験が始まり、去年から治験が増えて、米英でも始まった。効かなかったらやらないだろう。

視聴はこちらから👇openrec.tvで観られます。

スポンサーリンク

参考記事

【45thトランプ大統領】Facebookがいわゆる「エリート」を密かに保護し、規則を免除させていることが発覚した!これは私の訴訟に大いに役立つぞ!/Facebookは特定の有名人のアカウントに特権を与え、ルール違反の行為も許可し、異なる審査基準を適用している
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 「今、フェイスブックがいわゆる「エリート」を密かに保護し、規則を免除させていることが、ウォール・ストリート・ジャーナルの記事で判明した。フェイスブックとビッグテックはとても腐敗している。こ...続きを読む
【動画あり】「株価大暴落、負債3000億ドル、デフォルトリスクの不動産開発業者「中国恒大集団」一部債務不履行に/本社に殺到した投資家は「恒大、金を返せ!」と叫び、警備員の間を割って入ろうとするなど、現場は緊迫した雰囲気
一部債務不履行の恒大集団に詰めかける人々 約3,050億ドルの負債を抱えるChina Evergrande Group(恒大集団)は、選択肢を検討するためにアドバイザーを起用したと発表した。 不動産グループは、デフォルトリスクと不動...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました