社会の話題と反応を発信していくネットメディア

動画あり:顔がひきつるサキ/バイデンの悲惨な支持率についての記者の質問に、笑おうとするも顔がひきつるサキ報道官/苦し紛れに、低支持率をワクチン未接種のせいにし非難轟々/「国民の20%がワクチンを接種しない。デルタ株が蔓延してきたせいだ」

事件
スポンサーリンク

サキはまたしてもバイデンの悲惨な世論調査の数字を未納税のアメリカ人のせいにした

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、ジョー・バイデン大統領の支持率低下の原因を、ワクチンを接種していないアメリカ人のせいにしているように見えたが、これは約数週間の間に2回目のことであった。

「記者が金曜日にサキに質問した「COVIDの話は以前にもしましたが、アフガニスタンからの無秩序な撤退のせいでもあるのでしょうか?”バイデン大統領のアジェンダが滞っているからでしょうか?大統領の支持率が下がっている理由は何だと思いますか?

「この部屋にいる多くの人は、世論調査を行った組織で働いており、そこには多くの基礎データがあります。そして、時にはそれが異なることもあります」とサキは主張しました。「だから、私たちの見解に戻りますが、私たちは今もこの国が大変な時期にあること、そして人々はパンデミックとの戦いに疲れているということです。人々はパンデミックとの戦いに疲れ、生活への影響にも疲れているのです。

スポンサーリンク


さらに、「予防接種を受けようとしない人たちにうんざりしている人たちもいますし、普通に生活することに影響を与えていると感じている人たちもいます。愛する人のために、まだ恐怖を感じている人もいます。そして、誰もがこの時点で終わってしまうと思っていました。しかし、デルタ・バリアントやその他の要因により、この期間が延長されることになりました」。

“COVIDの疲労が国中の人々に影響を与えているのは間違いありません。 大統領もそれを理解し、共感しています」と続けた。

「そして、自分にできる最善のことは、COVIDをコントロールし、経済の根本的な問題を解決するために努力を続け、人々に仕事を再開させることだと知っており、そのことに日々集中しています」とサキは述べています。

スポンサーリンク

今月初め、バイデン氏の支持率低下を示す世論調査データが報道された際にも、サキ氏は同様の言い訳をしていました。

記者は「大統領は最近、非常に厳しい支持率を持っています」と言った。「このひどい世論調査をどう思いますか?大統領が何か間違ったことをしているのでしょうか?コミュニケーションの問題なのでしょうか?それとも、やらなければならない人気のないことをやっているのでしょうか?それとも他の何か?”

「今、私たちの国は本当に厳しい時期にあります。私たちはいまだにCOVIDと闘っていますが、私たちも含めて多くの人がこの状況を乗り切れると思っていました」とサキは語り始めた。

「共和党政権下で承認されたワクチンであるにもかかわらず、FDA(米国食品医薬品局)の完全な承認を得て、国中で広く入手できるようになったにもかかわらず、国の4分の1、それよりも少ない20%の人々がワクチンを受けないと決めているのです

スポンサーリンク


「それが影響しているのは間違いありません」とサキは詳しく説明せずに語った。

「そして、もちろん、大統領が言ったように、責任は彼にあるのです」と彼女は主張した。「この問題は、アメリカ国民の頭の中にある最大の問題であり、多くの問題に影響を与えています。

「私たちは、サプライチェーンについて少し話しました。 サプライチェーンについても少し触れましたし、従業員の安全や気持ちについても触れました。パンデミックを収束させ、通常の生活に戻すことで、人々が安心して出勤し、子供を送り出し、人々の安全を確保できるようにすることが重要です。私たちはそこに時間とエネルギーを費やすべきだと考えています」と述べています。

Real. Fearless. Journalism.
Advertisement OPINION: This article contains commentary which reflects the author's opinion Advertisement Advertisement
スポンサーリンク

ニュースバスターのエディター、カーチスハック氏

グレイDCニュースのジョン・デッカー氏から、バイデン氏の「ここ数ヶ月の間に世論調査が急激に低下している」という事実について聞かれたプサキ氏は、「一部の…予防接種を受けようとしない人々にうんざりしている」人々が「まだつらい思いをしている」と嘆き、彼らの幸せに影響を与えていると語った。

スポンサーリンク

AFP記者の質問に、笑おうとするが笑えず/「デルタ株が蔓延していたからです」

AFP通信のセバスチャン・スミス:バイデンの「最近の非常に厳しい支持率…何の意味もないと言うかもしれませんが、…良い世論調査があれば、それを公表するというのも妥当です。では、この本当にひどい世論調査をどうするのか?”

AFP通信セバスチャン・スミス最近の大統領は世論調査が非常に厳しいが、ホワイトハウスは良い調査結果があればそれを公表すればいいだろう。この本当にひどい結果をどう思うか?彼は何か間違ったことをしているのでしょうか?単にコミュニケーションの問題なのか、それとも?人気のあることをやっているのか、他のことをやっているのか

サキ報道官確かに……国民の20%が予防接種を受けないと決めている今は、本当に大変な時期だと思います。もちろん、それが影響を与えていることは間違いありません。もちろん、大統領は「責任は自分にある」と言っていますが、アメリカ国民の心の中にある最大の問題であり、多くの問題に影響を与えています。- サプライチェーンについても少しお話しました。私たちが注目しているのは、正確には日々の世論調査の浮き沈みではありません。パンデミックを収束させ、通常の生活に戻し、人々が安心して出勤したり、子供を送り出したりできるようにすること、そして人々の安全を確保すること。

スポンサーリンク


共和党政権下で承認されたワクチンであるにもかかわらず、FDA(米国食品医薬品局)の完全な承認を得て、国中で広く入手できるようになったにもかかわらず、デルタ型が台頭してきたからです」

スポンサーリンク

無党派層のバイデン支持は1月は61%だったが、今はなんと34%

現在、無党派層の34%がバイデン氏を支持している。これまでの任期中で最も低い。無党派層の支持率は、6月から21ポイント、8月からは9ポイントも低下している。

折れ線グラフ ジョー・バイデン大統領の政党別支持率の推移。バイデン大統領は、民主党では常に90%以上の支持率を維持している。共和党の支持率は通常10%以下である。無党派層の61%がバイデン大統領の就任当初は支持しており、6月までは過半数が支持していた。しかし、7月にはそれを下回り、48%となった。8月は43%で、10月は34%である。

Biden Job Approval Steady at Lower Level
Joe Biden's latest job approval rating of 42% is unchanged from his 43% reading last month.
スポンサーリンク

参考記事

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました