社会の話題と反応を発信していくネットメディア

中国軍、台湾想定の上陸侵攻訓練か…面積近い海南島沖3か所で演習(読売)/田母神氏「中国の台湾への侵攻作戦は準備なしに無計画には出来ない」(11/27)

中国
スポンサーリンク

中国軍、台湾想定の上陸侵攻訓練か…面積近い海南島沖3か所で演習

12/16(木)

中国共産党機関紙傘下の環球時報(英語の電子版)は15日、中国軍が中国・海南島沖の3か所で軍事演習を始めたと伝えた。同紙は、専門家の見方として、中国軍が台湾本島に複数の方向から上陸侵攻する作戦を念頭に、戦闘準備を進めている可能性を指摘している。

演習は、海南島の北東、北西、南西の沖合で実施されている。海事当局は13日、この3海域について、実弾射撃訓練の実施などを理由に15~17日に航行を禁止するとの通達を出していた。

演習の詳細は明らかになっていない。海南島(約3・4万平方キロ)と台湾(約3・6万平方キロ)は面積が近い専門家は同紙に「中国軍は台湾を想定した訓練をするために海南島を利用している可能性がある」と語った。

中国軍では、台湾や東シナ海を「東部戦区」が担当し、海南島や南シナ海を「南部戦区」が担当しており、今回の演習は南部戦区が中心となって実施しているとみられる。台湾有事の際には、距離が近い南部戦区の兵力も投入される可能性が高い。演習を通じて、複数の戦区による共同作戦の能力向上などを図っている可能性もある。(読売)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

田母神氏「中国の台湾への侵攻作戦は準備なしに無計画には出来ない」と述べている(11/27)

スポンサーリンク

ネットの声

本当に信仰するのなら、複数の方向から上陸する作戦をとると言われてきた。

本当に侵攻するかどうかはわからないと思う。実際にするとなれば国際的な非難の的となる。

中国の狙いは戦わずして勝つこと。実際にやるのだから手出しはするなと西側への威嚇だ。軍事侵攻となれば、中国とはいえ、ただでは済まない。米英豪も今のところ台湾に加勢するぞと姿勢を示している。

一国二制度と言いながら、実際にやるのはこういうこと。

香港の次は台湾、その次は尖閣だ。いい加減日本は平和ボケから覚めなければならない。

中国は歴史的に大きな戦いをしたことがない。あったとすれば日清戦争。強さは未知数だと思う。

スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】「中国自身の利益損ねる」安倍氏、台湾情勢めぐり。台湾のシンクタンクの会合にビデオメッセージ/「中国のような経済大国が軍事的な冒険を追い求めれば自殺行為になる」
「中国自身の利益損ねる」安倍氏、台湾情勢めぐり 「中国自身の利益損ねる」安倍氏、台湾情勢めぐり/台湾のシンクタンクの会合にビデオメッセージ 2021/12/14 自民党の安倍晋三元首相は14日、台湾のシンク...続きを読む
フロリダの女性、「父親がイベルメクチ◯に救われた」と語る/ワクチ◯接種をしていたデビッドさん(71歳)はウイルスに感染し、病院で3週間治療したが急速に悪化。娘が医師にイベルメクチ◯の投与を要求。ICUにいた父はその後完治した。
フロリダの女性、ワクチン接種の父親がイベルメクチ◯に救われたと語る 医師がDNR(蘇生措置拒否)に同意させようとし、ICUのベッドに拘束した父親をイベルメクチ◯でコビドから救ったという女性 ・ミンディ・ラ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました