社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ヒラリー・クリントンがホワイトハウスを攻撃、バイデンが「安定」していない、「正気」でないとほのめかす/「ホワイトハウスは「正気」で「冷静」で「安定」し生産的でなければ意味がない」と述べる

政治

ヒラリー・クリントンがホワイトハウスを攻撃、バイデンが「安定」していない、「正気」でないとほのめかす

2021年12月31日 。

二度も落選した大統領候補のヒラリー・クリントンが再びスポットライトを浴び、ジョー・バイデンにバカにするように見えた。

NBCのウィリー・ガイストのポッドキャスト「サンデーシットダウン」で全編が放送される予定だが、クリントンはホワイトハウスが “安定 “しておらず “正気 “ではないことを示唆しているように見えた。

クリントンのコメントは、ガイストが来年の中間選挙で民主党のことについて尋ねたことに答えたものである。

「それで、あなたは今の民主党の状態をどう見ていますか?」 とガイストは尋ねた。

「民主党やリベラルな民主党、いわゆる進歩的な民主党が勝つようなディープブルー地区だけでなく、何が選挙に勝つかを慎重に考える時期だと思います」とクリントンは言った。

スポンサーリンク


「私は、人々が自分の優先順位を主張したいのは理解できますし、それが自分が選ばれた理由だと信じています。だから、私は活発な議論をすることに賛成だ。それはいいことだと思うし、人々にプロセスの一部になる機会を与えるものだ」と付け加えた。

「しかし、一日の終わりには、物事を成し遂げる議会と、正気で冷静で安定し生産的であると期待できるホワイトハウスがなければ意味がなのです」とクリントン氏は述べた。

クリントン氏は、2024年の大統領選にドナルド・トランプ氏が出馬することについても語った。

今、私が賭け事をする人間なら、トランプは再び出馬すると言うだろう。彼はそのように自分を仕向けているようだ。そして、もし彼が責任を問われなければ、彼はまたそれをやることになる」と語った。

民主主義の終わりになりかねないと思う。あまり尖ったことを言うつもりはないが、ここが勝負どころであることを理解してほしい。もし、彼、あるいは彼のような人物が再び大統領に選ばれ、特に彼の言いなりになる議会を持ったとしたら、あなたは私たちの国を認めないでしょう」とクリントンは付け加えた。

Please Wait... | Cloudflare

参考記事

【動画】イタリア、オランダでコロナ規制のため花火を禁止するも市民は無視。例年以上の花火を打ち上げた
ナポリ市長は花火を禁止するも市民は従わない ナポリ市長は、COVIDの「安全」政策の一環として、大晦日の花火を禁止した。 地元の人たちは一向に気にしない。 イタリアのナポリでは、市長...続きを読む
流れが変わってきた/原発「グリーンな投資先」と認定 EUが方針/EU欧州委員会は、原子力と天然ガスを地球温暖化対策に貢献するエネルギーと位置づける方針/ネットの声「これで流れが変わる」「日本政府は欧州に従うのでは」
原発「グリーンな投資先」と認定 EUが方針、低炭素移行で役割 1/2(日) 欧州連合(EU)欧州委員会は1日、原発を天然ガスと共にグリーンな投資先として認定する方針を発表した。2050年までに...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました