社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【FACT】2回接種、ブースター接種、そして今回4回目の接種にもかかわらず、イスラエルでの感染者は過去最高の16,115人に達している

コロナ

2回接種、ブースト、そして今回4回目の接種。にもかかわらず、イスラエルでのコビド感染者は過去最高の16,115人に達している

イスラエルの研究リーダーは、全員への2回目のブースター投与の必要性に疑問を呈した。

2022年01月05日

第4のコロナワクチンの有効性に関するイスラエルの研究責任者は、抗体の5倍増を観察している。彼女はこれを「良いが、十分ではない」と考えている。続けて、ギリ・レジェフ教授は、イスラエルのニュースサイト「ynet」に対し、研究の予備的な結果について、水曜日に、”抗体の一定の増加は見られるが、その増加はあまり印象的ではない “と述べた。

1つは、4回目の接種後まもなく、3回目の接種後と同じ抗体レベルに戻っている、とレジェフ氏は言う。2回目のワクチン接種に期待したのである。4カ月に1回程度、コロナウイルスのワクチンを再度接種することを目標にするわけにはいかないという。

レジェフは、イスラエルでは免疫不全者や60歳以上の人など、弱い立場にある人たちがすでに4回目の接種を受けていることをうれしく思うと述べた。”しかし、今、全員にするべきかどうか、本当に迷っているんです。もっと情報が必要だ

スポンサーリンク


イスラエルでは、医療関係者や60歳以上の方に4回目のコロナワクチン接種を推奨しています。これは、オミクロンの変種が普及したことに対応したもの。

同時にレジェフは、「1回目と2回目の接種を受けた人は、緊急に3回目も受ける必要がある」と、1回目のブースター接種が非常に重要であることを強調した。

コロナウイルスワクチンの4回目の接種のための別の試験が、水曜日に病院で始まった。150名の参加者は、バイオンテック/ファイザー製剤を3回接種後、モデルナで4回目の接種を受ける予定だ。

レジェフ氏は、「複数のワクチンを組み合わせるのがよいかもしれない」と述べた。混合ワクチンによる4回目の接種の試みは、世界でも初めてのことだという。

イスラエルにおけるコロナウイルスの新規感染者数は、パンデミック開始以来、過去最高を記録しています。イスラエル保健省は2日、24時間以内に11,978人の患者が新たに登録されたと発表した。これまでの最高は、昨年9月2日の11,345台でした。

Studie in Israel zur zweiten Boosterimpfung: Erste Ergebnisse nicht so gut wie erhofft
In Israel laufen Tests mit einer vierten Impfdosis. Die Studienleiterin ordnet erste Zwischenergebnisse verhalten ein. Sie betont: Es könne nicht das Ziel sein,...続きを読む

参考記事

【不都合な真◯20】デンマークのデータによれば、・40歳以上の*ブースター*を接種した人の感染率が最も高い・2回接種した16-59歳の人は、接種していない人よりも感染率が高い、というのは本当ですか?
40歳以上の*ブースター*を受けた人の感染率が最も高い。 「デンマークの最新データでは、40歳以上の*ブースター*を受けた人の感染率が最も高い。 🟢:ブースター接種 🔵:2回接種 🔴:既感染者...続きを読む
【不都合な真◯19】オーストラリアは、ジョコビッチ選手を入国拒否、強制送還する模様です/ゼロコロナ政策のオーストラリアの「実状」を見てみますか?
Dr.イーライ・デビット氏 オーストラリアはノバク・ジョコビッチの入国を拒否し、間もなく国外退去となる。 彼は、現在進行中のゼロ・コビッドのサクセス・ストーリーを脅かす存在となったのでしょう。...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました