社会の話題と反応を発信していくネットメディア

NEW!チェルノブイリで放射性物質拡散の恐れ/ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムは電源が喪失し使用済み核燃料を冷却できず、チェルノブイリ原子力発電所から放射性物質が放出される恐れがあると発表

ロシア

チェルノブイリで放射性物質拡散の恐れ

2022年03月09日

【イスタンブール時事】ウクライナ当局は9日、チェルノブイリ原発への供給電力が不足して冷却機能が働かなくなり、放射性物質が大気中に広がる恐れがあると述べた。

ウクライナ、占領下のチェルノブイリ原発で停電後、放射能漏れの危険性を警告

リヴィウ(ウクライナ) 9日 ロイター] – ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムは9日、電力接続が断たれたため使用済み核燃料を冷却できず、チェルノブイリ原子力発電所から放射性物質が放出される恐れがあると発表した。

エネルゴアトムは、2月24日にクレムリンがウクライナに本格的な侵攻を開始した後、ロシア軍に占領された原発への高圧送電線を直ちに修復することは戦闘によって不可能になったと発表した。

スポンサーリンク


エネルゴアトムは、チェルノブイリには停電中に冷却できない使用済み燃料集合体が約2万本あると発表した。

その温存は「環境への放射性物質の放出」につながる可能性がある。放射性物質の雲は、風によってウクライナ、ベラルーシ、ロシア、ヨーロッパの他の地域に運ばれる可能性がある」と声明で述べている。

電源がなければ、原発の換気システムも機能せず、職員は危険な放射線量にさらされることになる、と付け加えた。

火曜日には、国連の核監視団が、チェルノブイリの放射性廃棄物施設で核物質を監視するシステムがデータの送信を停止したと警告しました。

世界最悪の原発事故が起きた場所は、キエフから約100km離れた場所にあり、今も放射能が残っている。

1986年4月、4番目の原子炉が安全実験の失敗により爆発し、放射能の雲がヨーロッパの大部分を覆ってしまった。

Ukraine sees risk of radiation leak at Chernobyl, IAEA sees 'no critical impact' on safety
Ukraine said on Wednesday there was a danger of a radiation leak at the Chernobyl nuclear power station after electricity was cut off to the plant, but the U.N....続きを読む

参考記事

テレ朝今度は「放送倫理違反」/「大下容子ワイド!スクランブル」視聴者からの質問を、番組の意図に当てはまるよう書き換える/ネット「社長はネコババ、幹部は詐欺、社員はウクライナは引け、で今度は捏造」
テレ朝、放送倫理違反 テレ朝「ワイド!スクランブル」 BPOは「放送倫理違反」と判断 3/9(水) 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は9日、放送倫...続きを読む
【無能バイデン】ロシアの石油を禁輸したはいいが、石油欲しさに独裁政権のベネズエラの石油に手を出す。民主党からも大反発/ネット「バイデンはテキサスより、独裁政権から石油を手に入れたいらしい」
バイデン政権はベネズエラから輸入しようとしている 「バイデン政権は、ベネズエラからもっと石油を輸入できるように、アメリカの石油産業に戦争を仕掛けている」 「米国当局は、OPEC加盟国に対する石...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました