社会の話題と反応を発信していくネットメディア

コロナ脳バイデン政権、5月に第2回世界COVIDサミットを発表「誰もが、どこでもワクチンを接種できるような解決策を世界にもたらす」

コロナ

JUST IN – ホワイトハウスが5月12日に第2回世界COVIDサミットを発表。

“誰もが、どこでもワクチンを接種できるような解決策を世界にもたらす “ことを目的としている。

第2回グローバルCOVID-19サミットを5月12日に開催予定

月曜日に発表された共同声明によると、パンデミックを終わらせ、将来の健康上の脅威に備えるための取り組みについて話し合うために、各国が事実上来月、第2回グローバルCOVID-19サミットが開催される予定であるという。

「オミクロンのような新しい亜種の出現と広がりは、世界中でCOVID-19を制御することを目的とした戦略の必要性を強めている」と、ホワイトハウスは七カ国グループと20カ国グループとのニュースリリースで述べている。(devdiscourse)

ホワイトハウス声明

2021年9月22日に米国によって招集された第1回グローバルCOVID-19サミットに続くものです。

5月12日のサミットに先立ち、私たちは世界のリーダー、市民社会のメンバー、非政府組織、慈善家、民間企業に対し、世界にワクチンを接種し、今すぐ命を救い、より良い健康保障を構築するための新たなコミットメントと解決策をもたらすよう呼びかけています–世界中のすべての人々のためです。

オミクロンのような新しい変異型の出現と広がりは、世界中でCOVID-19の制圧を目指す戦略の必要性を強くしています。

私たちは共に、ワクチン接種、検査、治療、日常の医療サービスの中断を最小限に抑えるための行動、そしてACT-Acceleratorという多国間メカニズムへの支援を通じて、COVID-19の影響を緩和し、最もリスクの高い人々を保護することができます。(WH)

参考記事

【動画あり】イーロン・マスク氏「言論の自由とは、嫌いな人が嫌いなことを言うことを許されることだ」
これまでのツイッター買収の動き 14日、ツイッターに買収提案 アメリカの電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが、ソーシャルメディア大手ツイッターに対し、買収の提案を。 買収...続きを読む
ツイッターのCEO、マスク氏の申し出に「人質にはならない」と従業員に伝える /マスク氏「ツイッターの取締役会が株主の利益に反する行動を取れば、責任は巨大なものとなる
ツイッターの CEO、マスク氏の申し出に「人質にはならない」と従業員に伝える -情報源 4月14日(ロイター) - ツイッター(TWTR.N)のパラグ・アグラワル最高経営責任者(CEO)は14日の全...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました