社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランスの女子スポーツ参加を支持し、片ひざポーズを始め、BLMを支持しバイデンから勲章を授与された活動家ラピノーがPKを外しヘラヘラ笑い袋叩き/米女子PK戦敗退(動画)

ポリコレ

ミーガン・ラピノーがPKを失敗し、アメリカはワールドカップ出場権を剥奪される

「オバマはゲイで、ミシェルはトランスだ」と言った米国の女優はその2ヶ月後、この世を去った(動画)/オバマの専属シェフが変死
オバマはゲイで、ミシェルはトランスだと言った米国の女優はその2ヶ月後、この世を去った 2014年7月、ジョーン・リヴァースは、オバマは「ゲイ」であり、ミシェル・オバマは「トランスジェンダー」であると...続きを読む

米国はベスト16ラウンドでスウェーデンとのPK戦で5-4で敗れ、スウェーデンがトーナメントに進出した。 ラピノーは、延長戦中にPKを外した。ミスの後、フィールドから立ち去る際、彼女はにやにや笑っているのが見えたが、その表情は多くのファンにとって不適切なものであると思われた。

また、チームは米国のファンからの愛も育んでおらず、チーム内の一部の選手は試合開始時に国歌を斉唱したが、他の選手は斉唱しなかったことを批判した。チームキャプテンのラピノーは「強制的に自分自身に注目を集める過激な個人主義者」とされている。 これがラピノーにとって米国代表としてプレーする最後の試合となった。彼女はオーストラリアでカップ戦が始まる前に引退を発表した。

女児を暴行し第一級性的虐待で懲役24年の男→「実は俺は女だ」とトランスを主張→裁判所が豊胸手術、顔の女性化手術等を施すよう命じる:米OR州
少女への性的虐待で重罪のトランス男に、州矯正局が豊胸手術を施すよう命じる オレゴン州矯正局は、マリオン郡巡回裁判所から、トランスジェンダーの小児性愛者に豊胸手術を施すよう命じられた。 38歳の...続きを読む

ラピノーは米国のファンからは不人気なチームキャプテンだった。ワールドカップが開幕すると、彼女は男性が女子スポーツチームでプレーすることを許可されることに賛成の声を上げ、「私はトランス女性を本物の女性だと思っている。特に女性のスポーツが武器化されるとイライラします」と彼女は続けた。

ラピノーは、もし男性がトランスジェンダーであると主張すれば、女子代表チームでプレーする男性を支持すると述べた。

バイデンの弁護士は、ハンターのビジネスパートナーの決定的宣誓証言を聞いてパニックに陥り見苦しい言い訳をする
バイデンの弁護士は、ハンターのビジネスパートナーの決定的証言を聞いてパニックに陥る ハプニング:バイデンの事実上の弁護士であるダニエル・ゴールドマン議員は、デボン・アーチャーの証言を聞いて、震え、汗...続きを読む

片ひざ付きはミーガン・ラピノーから始まった

2020年6月12日

米サッカー連盟(USSF)は10日、国歌演奏の際に片膝をつくことの禁止規定を撤回した。片膝をつくポーズは、人種差別に対する抗議行動で広く見られるようになっている。これは、2016年に女子サッカーの人気選手ミーガン・ラピノーが国歌演奏時に片膝をついたことが始まりだった

「Black Lives Matter」は、2013年から2014年にかけて、アメリカの黒人に対する差別や暴力に抗議する運動の合言葉となり、2014年8月に南部ミズーリ州ファーガソンで18歳の黒人男性が白人警官に射殺されたのを機に、全国的な抗議運動と共に広がった。

フロイドさんの死亡事件以来、片膝をつく動作は多くの抗議行動で見られている。(bbc)

バイデン、B LM支持者に最高栄誉勲章を授与し批判/国歌斉唱時に片ひざでBLM支持を示した女子選手に「大統領自由勲章」授与/ネット「米国は勲章の価値を失った」
ミーガン・ラピノー選手が、米国で最も高い文民栄誉である「大統領自由勲章」を受章 大統領自由勲章:アメリカ合衆国の勲章で、議会名誉黄金勲章と並んで文民に贈られる最高位の勲章。 片ひざ付きはミ...続きを読む

WOKEしたアメリカ女子サッカー

ワールドカップで連覇を果たしたアメリカは、第16戦でスウェーデンに敗れた。

チームUSAの敗北は、反アメリカ、反女性活動家であるミーガン・ラピノーの、この恥知らずなフリーキックによってもたらされた。

バイデンとオリガルヒとの癒着が判明/バイデンがモスクワ市長の妻と面会→彼女は350万ドルをハンターに送金→バイデンは彼女を制裁リストから外す:宣誓証言
バイデンはモスクワ市長の妻と会談し、その後彼女がハンターに350万ドルを送金、そしてバイデンは彼女を制裁リストから外した これは明白な反逆罪だ。 デボン・アーチャーの証言:ジョー・バイデンがジョージ...続きを読む

ネットの声

ミーガン・ラピノーの無礼を我々は忘れない

ミーガン・ラピノーのサッカー人生最後の瞬間は、このPK失敗だった。

リベラル派のミーガン・ラピノーのせいでアメリカ代表が敗れる!

反米WOKEの女子サッカーチームが負けただけでなく、ミーガン・ラピノーがアメリカの勝利を決定付けるPKを外した。

ラピノーが敗退の大きな原因だった。彼女はペナルティーキックを空振りした。キーパーはセーブする必要もなかった。

反米に目覚めた女子サッカーUSAチームが敗退し、ミーガン・ラピノーがその原因だという。 笑いが止まらない。

ミーガン・ラピノーが決定的なPKを外し、笑い話に。 彼女は純粋なゴミだ。

反米、反女性活動家のミーガン・ラピノーは、アメリカチームを敗退に導き、ワールドカップから早々に追い出されたようだ。

参考記事

「私の私有ジェットは一回の飛行であなたの一生分の自動車排出量を上回る炭素を排出するが、それは問題ではない。あなたの車こそが問題なのだよ、庶民」ビル・ゲイツ
ビル・ゲイツ氏、プライベートジェットと気候変動活動は両立すると語る 2023年2月10日 ビル・ゲイツは、プライベートジェットで旅行中に気候変動キャンペーンの偽善者であるという疑惑をはねつけた。 ...続きを読む
「オバマはゲイで、ミシェルはトランスだ」と言った米国の女優はその2ヶ月後、この世を去った(動画)/オバマの専属シェフが変死
オバマはゲイで、ミシェルはトランスだと言った米国の女優はその2ヶ月後、この世を去った 2014年7月、ジョーン・リヴァースは、オバマは「ゲイ」であり、ミシェル・オバマは「トランスジェンダー」であると...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました