社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ワクチン接種者は、非接種者よりも感染する可能性が高い/CA州コホート研究

covid19(コロナ)

ワクチンのブースターを受けた人は、ワクチンの接種を受けなかった人よりも感染する可能性が高い

カリフォルニア州の刑務所を対象とした新しい研究によると、新しいCOVIDワクチンのブースターを受けた人は、COVIDワクチンの接種を受けなかった人よりもCOVIDに感染する可能性が高いことが、Cureus誌で発表された

【悲報】ワクチン接種者は未接種者よりもコロナによるウイルス感染のリスクが高い:CDC
CDC:ワクチン接種者は未接種者よりもコロナによるリスクが高い 米国疾病予防管理センター(CDC)は、COVIDのmRNA注射を受けた米国人は、ワクチン未接種者よりも新型ウイ...続きを読む

ワクチン接種済みおよびワクチン接種を受けていない者における新型コロナウイルス感染症感染率: コホート研究

 2023 年 9 月 4 日

カリフォルニア州の 33 の州刑務所、主に男性人口 96,201 人を対象に、2023 年 1 月から 7 月までの新型コロナウイルス感染症監視データを分析した。新型コロナウイルスワクチン接種を受けたグループと完全にワクチン接種を受けていないグループの間での新規新型コロナウイルス感染症の発生率を計算した。

我々の結果は、二価ワクチン接種グループ完全にワクチン接種を受けていないグループの感染率は、絶対値でそれぞれ3.24% (95%信頼区間(CI): 3.06-3.42%)と2.72% (CI: 2.50-2.94%)であることを示している。

メーガン・ケリー、爆弾発言「接種を後悔してる。私はワクチン接種後に自己免疫疾患に陥った」(動画)
メーガン・ケリー、ワクチン追加接種を受けた後の検査で「自己免疫疾患」の陽性反応が出たことを明かす べテランジャーナリストであり「ザ・メーガン・ケリー・ショー」の司会者であるメーガン・...続きを読む

データを50歳以上でフィルタリングした場合、感染率はそれぞれ4.07% (CI: 3.77-4.37%) と3.1% (CI: 2.46-3.74%) で、絶対リスクの差は0.97%であることが明らかになった。65歳以上の感染率はそれぞれ6.45%(CI:5.74~7.16%)、4.5%(CI:2.57~6.43%)で、絶対リスク差は1.95%であった。

これは感染のリスクを完全に大幅に軽減することはできない可能性があることを示唆している。

Just a moment...

参考記事

http://totalnewsjp.com/2023/09/04/covid19-956/
フロリダ州医療長官「なんの効果もない」/「効果があるという臨床試験は行われてないし、安全であることを示す臨床試験も行われていない」(動画)
フロリダ州外科医総監、新COVID-19ブースターに警告 「基本的に何の根拠もありません。人間に効果があるという臨床試験は行われていません。それが人々にとって安全な製品であることを示す臨床試験は行...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました