社会の話題と反応を発信していくネットメディア

カトリック最高司教がワクチンに警鐘「我々は接種開始以降、ターボガン、突然死に直面している」

covid19(コロナ)

カトリック最高司教、新型コロナワクチン接種者における「ターボがん」と突然死の急増に警鐘を鳴らす

2024年7月3日

著名なカトリック司教が、新型コロナウイルスのmRNAワクチン接種者が患っている「ターボがん」や突然死、その他の「有害な副作用」の急増について警鐘を鳴らす声明を発表した。

スイスの司教マリアン・エレガンティは、マスク着用や自由の制限を支持し、ワクチン接種の義務化を推進する人々の「信仰の破綻」を激しく非難した。

「すべての国でワクチン接種プログラムが実施されて以来、死亡率が上昇している」とエレガンティ氏は警告する。

「教皇は国家元首としてバチカンの全職員に[ワクチン接種義務]を課した。そうしなければ、彼らは職を失うか、別の職を与えられることになった。だから、私にとっては、それは明らかに不当なことでした。」

米裁判所、mRNAコロナワクチンは従来の医学的定義ではワクチンではないと判決
第9巡回控訴裁判所、mRNA COVID-19ワクチンは従来の医学的定義ではワクチンではないと判決 2024年6月8日 アメリカ合衆国第9巡回控訴裁判所は、全国の公衆衛生政策を根本から変える可能性の...続きを読む

「これらの対策は証拠に基づいていなかったこと、ワクチン接種が感染防止を保証するものではなかったこと、そして『未接種者によるパンデミックはなかった』という事実を無視することはできないことが、今では分かっており、これは世界中でますます明らかになっています。」

「今日、私たちはターボガン現象に直面しており、すべての国でワクチン接種プログラムが実施されて以来、死亡率が上昇しています。早産などにより出生数が減少傾向にあります。非常に多くの不正が起こり、非常に多くの有害な副作用があった」

「WHOはビル・ゲイツ氏などの民間財団からも資金提供を受けている」とエレガンティ氏は指摘した。「これらの機関は民主的に正当化されておらず、また、大手金融界の権力者の言いなりになっているのです。」slaynews

元ファイザー副社長が暴露「mRNAは免疫系が自身を攻撃し、血栓を引き起こすように意図的に設計されたものだった」(動画)
元ファイザー副社長「複数の意図的な毒性が組み込まれている」 ファイザーの元副社長、マイケル・イードン博士は、2020年後半以降に大々的に展開されたmRNAは、免疫系が自分自身を攻撃するのに加えて、血...続きを読む

参考記事

マッカロー博士「日本人が千年も前から愛用しているものは、致死性のスパイクタンパク質を分解する」
致命的なスパイクタンパク質を96秒で分解する方法(ピーター・マッカロー博士談) 「ワクチンを接種した人は、感染した人よりも多くの致命的なスパイクタンパク質を体内に取り込んだと推測されます。ピーター・...続きを読む
タッカー「民主党はバイデンを降ろせない。なぜなら民主主義で選ばれた「ことになっている」からだ」
タッカー「彼らは民主主義で選出したことになっているバイデンを引きずり降ろそうとしている」 「民主主義っていうのは、毎回多数派が望むことを全部やるってわけじゃない。でも、時間が経っても多数派の望みと関...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました