社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ陣営上級顧問「最高裁への提訴、早ければ早いほど良い」

政治
スポンサーリンク

上級顧問最高裁へは早ければ早いほどよい

トランプ大統領は、11月3日に「法定投票に勝った」ことを証明するために、選挙事件を最高裁判所に直接提出することを計画している。上級顧問はジャスト・ザ・ニュースに語った。

トランプキャンペーンの上級顧問スティーブコルテスは金曜日にジョンソロモンレポートポッドキャストに、最も重要なタスクは「11月3日に発生した詐欺と不正行為についてできるだけ多くを明らかにすること」であると語った。

控訴裁判所の数時間後、「ペンシルベニア州のような場所で、投票が非常に汚染されていたために、1つの州だけでも覆し、バイデンの勝利を証明しないようにすることができれば、それだけでもかなり大きな勝利になるだろう」と述べた。ペンシルベニアでのトランプキャンペーンの訴訟を却下した。

「私たちは、常に私たちが行きたかった場所であった合衆国最高裁判所に訴えます。早いほど良いです。私たちは高等裁判所でこれらの訴訟を起こしたいと思っており、説得力のある議論があると信じています。」コルテスは言った。

誰がこの選挙に勝ったかという国民の意見を覆すキャンペーンの実際の可能性について語ったコルテスは、今後の戦いは「困難」になるだろうと認めたが、「我々は決して外に出ていない」。

「2016年には困難な戦いがありました。多くの困難な戦いがあり、勝ちました」と彼は言いました。

彼は弁護士ではありませんが、法的な観点からのキャンペーンの最も強力な議論は、第14修正の平等保護条項に関連する憲法上の議論であると信じています。

「2つのクラスの有権者を作成することはできません。正しい法的手続きを経て投票した人々の投票を薄めることはできません」と、ウィスコンシン州やその他の関連する激戦州のさまざまな地域で投票がどのようにカウントされたかについて詳細に語った。(justthenews)抜粋

'Sooner the better.' Trump plans to take election case to Supreme Court, adviser says
Steve Cortes says Trump will be traveling to contested states in the coming days and weeks

シドニー・パウエル弁護士は、GA政府とMI政府の両方が第14修正条項に違反していると述べている。

スポンサーリンク

修正第14 条[市民権、法の適正な過程、平等権] [1868 年成立]

第1項 合衆国内で生まれまたは合衆国に帰化し、かつ、合衆国の管轄に服する者は、合衆国の市民で あり、かつ、その居住する州の市民である。いかなる州も、合衆国市民の特権または免除を制約する法律 を制定し、または実施してはならない。いかなる州も、法の適正な過程によらずに、何人からもその生 命、自由または財産を奪ってはならない。いかなる州も、その管轄内にある者に対し法の平等な保護を否 定してはならない。

アメリカ合衆国憲法に追加され またはこれを修正する条項|About THE USA|アメリカンセンターJAPAN
アメリカ合衆国憲法本文第5章にもとづき、合衆国議会が 発議し諸州の立法部が承認した、合衆国憲法に追加され またはこれを修正する条項* *一般にAmendments(修正条項)と呼ばれる。第1 条~10 条はBill of Rights と呼ばれ、「権利章典」と訳される が、イギリスの1689

地裁や州最高裁レベルの訴訟は憲法の是非を争えない。トランプ陣営はそもそも論、法の下の平等論で最高裁を戦おうとしている。

タイトルとURLをコピーしました