社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】第2報 FBIは元カンザス州司法長官フィリップクライン氏にも証拠提示を依頼/FBIの捜査官はヤングオー氏

政治
スポンサーリンク

別の情報筋も同様のツイート

FBIは有権者の完全性プロジェクトに、違法投票の可能性に関する調査結果を求めている、とグループのリーダーは述べています

「@FBIは、違法な投票を示すVIPの調査結果を積極的かつ直接的に私に要求した」とマット・ブレイナード氏はツイートで述べた。

有権者の完全性プロジェクトのリーダーであるマット・ブレイナード氏は日曜日、FBIが2020年の選挙での違法投票の可能性に関連するイニシアチブからの調査結果を求めていると述べた。

元トランプキャンペーンの戦略家兼データチーフだったブレイナードは、広範な不正投票が発生し、選挙の結果に影響を与えたかどうかを判断するための取り組みを主導するのに役立ちました。

「@FBIは、違法な投票を示すVIPの調査結果を積極的かつ直接的に私に要求した」とブレーナードはツイートで述べた。「火曜日までに、名前、住所、電話番号などを含むすべてのデータを代理店に配信する予定です」と彼は言いました。

トーマスモアソサエティ(保守的な法律事務所非営利団体)のアミスタッドプロジェクト」のディレクターを務める、元カンザス州司法長官フィリップクラインによる日曜日の別のツイッター投稿は、ロサンゼルス現地事務所のFBI捜査官がブレイナードに連絡したと述べた。

「トーマスモアソサエティのアミスタッドプロジェクトは、選挙日後もマットブレイナードと彼のチームを維持し、激戦州での選挙の完全性訴訟を支持する証拠として育成するデータ分析を開発しました」とクラインはツイートしました。

「ブレーナード氏は、FBIロサンゼルスフィールドオフィスのFBI特別捜査官ヤングオーから、私たちのデータを求めて連絡を受けたことがわかりました。

ブレーナード氏はこの要求に協力しており、私たちは彼を全面的にサポートしています。このデータは数百人を特定するために使用されています。私たちが訴訟を起こした州での何千もの潜在的に不正な投票」(justthenews)

FBI asks Voter Integrity Project for findings on possible illegal ballots, group's leader says
"The @FBI has proactively and directly requested from me the VIP findings that indicates illegal ballots," Matt Braynard said in a tweet.

第一報はこちら👇

スポンサーリンク

関係者のツイート

ニュースマックスのホストGrant Stinchfield氏

「これは私がFBIの関与について聞いた最初のことです。彼らはこの事件に乗る必要があります!!!」

保守非営利団体「トーマスモアソサエティ代表」フィリップクライン氏

「何十万もの投票が潜在的に不正であると知った後、FBIは今私たちのデータを調べるように要求しました。以下のステートメントを参照してください。

スポンサーリンク

トーマスモアソサエティ(wikipedia)とは

トマス・モア社会は保守的法律事務所

ウェブサイトは、彼らを「生命、家族、宗教の自由の法の尊重を回復することに専念している非営利の国家公益法律事務所」と説明しています。

トーマスモアソサエティは、地元の第一審裁判所から合衆国最高裁判所に無料の法律サービスを提供することにより、これらの原因に対する支持を擁護し、促進しています。

トーマスモアソサエティは、2003年(8-1)と2006年(8-0)の両方で、シャイドラー対全米女性同盟で2つの勝利を収めました。より良い情報源が必要] Thomas More Societyは、彼らの観点と彼らが提唱する人々の観点から、言論の自由と結社に対する合衆国憲法修正第1条の権利が安全で法律によって保護されることを保証しようと努めてきた。

Thomas More Society - Wikipedia
フェイリップクライン氏

「カンザス州の元司法長官/地方検事。トーマスモアソサエティのアミスタッドプロジェクトディレクター。リバティー大学教授。フォルカークセンター」

タイトルとURLをコピーしました