社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】アリゾナ州マリコパ郡で不正選挙の捜査が行われ、8台のハードドライブと3代のPCを押収

政治
スポンサーリンク

マリコパ郡の有権者宅を襲撃-データ押収調査

— 8台のハードドライブ、3台のコンピューター、1袋のUSBスティックを没収

11月5日、アリゾナ州の連邦当局は、マリコパ郡のファウンテンヒルズ地区にある家を襲撃しました。

エージェントは、8台のハードドライブ、3台のコンピューター、およびUSBスティックのバッグを没収しました。

家は56歳のエリオットカーウィンのものです。

エージェントは、名前のない組織へのサイバー攻撃の証拠と盗まれた有権者データを探していました。

11月5日の朝、2020年の選挙のバランスが崩れると、アリゾナ州の連邦政府機関は、大統領選挙の重要な戦場となった郡、マリコパ郡のファウンテンヒルズにある2階建ての家を襲撃しました。

エージェントは、名前のない組織へのサイバー攻撃の証拠と盗まれた有権者データを探していました。彼らは8台のハードドライブ、3台のコンピューター、そしてUSBスティックのバッグを持って去りました。

不動産の居住者であるエリオット・カーウィンという名前の56歳のIT専門家が令状を受け取った。彼はまだ起訴されておらず、出版時点ではコメントを求められていませんでした。

ログイン資格情報とアカウント。
保護された有権者の情報を含む、有権者登録の記録と情報。
保護された有権者の情報を含む、有権者登録記録および情報の転送、共有、または配布。
オフィスのウェブサイトやコンピュータシステムへの不正アクセス。
コンピュータシステムに損害を与える試みまたは脅威。(thegatewaypundit)

Agents Raid Home in Maricopa County in Voter-Data Theft Investigation -- Confiscate 8 Hard Drives, 3 Computers and a Bag of USB sticks
On November 5th Arizona federal officials raided a home in the Fountain Hills area in Maricopa County. The agents confiscated eight hard drives, three computers...続きを読む
スポンサーリンク

アリゾナの公聴会では、サイバーセキュリティの専門家PhilWaldron氏が公聴会で証言している

「選挙中にドミニオンシステムがドミニオンの集計ソフトは、確実にネットに接続されフランクフルトからハッキングされていた」

我々のチームは選挙日のドミニオンのネットワークを調べた。サーバーのウェブトラフィックの増加を確認した

「ユーザーマニュアルはネットへの接続方法をユーザーに説明している。複数の州で選挙中にインターネットに接続された」

「世界中どこからでもマルウェア経由でログインして資格情報を取得し、システムに簡単にアクセスでき、投票を容易に調整できる」

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました