社会の話題と反応を発信していくネットメディア

世論調査:ジョージア州の6割は郵送投票の署名の検証を求めている

政治
スポンサーリンク

世論調査、ジョージア州のほとんどの有権者(6割)は州議会が郵便投票の署名の確認を行うよう求めている

WE THE PEOPLE 我ら人民!

世論調査:ほとんどのジョージア州の有権者は、郵送による投票用紙の署名の検証を要求する特別会期を望んでいます
Alex Nitzberg著、Just The News、2020年12月6日:

「ケンプ知事が州議会の特別会議を招集し、上院の決選投票のすべての郵送投票の署名検証を要求するという有権者の感情は強く、広く、州全体の過半数が3〜2人で、58%〜38%を承認しています。ジョン・マクラフリンは言った。

マクラフリン&アソシエイツの調査では、ジョージア州知事のブライアンケンプが、州の1月の上院決選投票の郵送投票の署名検証を要求する特別な会期を呼び出すという考えに対する重要な支持が見つかりました。

有権者800人を対象とした11月21〜24日の調査では、58%がアイデアを承認し、38%が不承認でした。

マクラフリン氏によると、すべての主要な有権者グループにおいて、多数派の支持は幅広い。

「ジョージアの人々は明らかに正直で安全な選挙を望んでいます」と彼は言いました。「彼らは確かに、郵送投票の署名検証を要求することを、選挙の完全性と不正防止の重要な要素と見なしています。知事は立法府に直ちに行動するよう呼びかけるべきです。」(gellerreport)抜粋

Poll: Most Georgia voters want special session to require verification of mail-in ballot signatures - Geller Report News
Lest we forget: “that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth” We the people!
スポンサーリンク

ジョージアの怒りは沸点に達しようとしている

スポンサーリンク

ラフェンスペルガー州務長官は署名監査を拒否し、ケンプ知事は正式に特別会期開催を拒否

・ジョージア州公聴会で決定的なビデオ映像が流されてから、ケンプ知事はラフェンスペルガー州務長官に責任をなすりつけ、署名監査の指示を出していた。(州務長官はこれを無視)

・しかし、トランプ大統領やリンウッド弁護士、シドニーパウエル弁護士の特別会期の要請については拒否

・ケンプ知事とラフェンスペルガー州務長官は、中共からドミニオンやPCを入れた歳に裏金をもらっているとリンウッド弁護士が指摘したが、その可能性がいよいよ濃厚になってきた

リンウッド弁護士「ケンプ知事よ、共産党の中国は私たちの敵です。抑圧された中国市民は私たちの友人です。彼らは焦点を絞った目と自由への希望を持って私たちの国を注意深く見ています。 私たちは彼らや私たち自身を許すことはできません」

 

タイトルとURLをコピーしました