社会の話題と反応を発信していくネットメディア

テキサス提訴却下 第3報 テキサス州が独立宣言/州連合を提案

政治
スポンサーリンク

テキサス共和党の首長は、SCOTUSが選挙の挑戦を投げた後、「州の連合」を結成することを提案する

11月14日土曜日、ダラスの市庁舎前での集会で、テキサス州の共和党議長のアレン・ウェスト氏がドナルド・トランプ大統領の支持者と話している。
テキサス州共和党のアレン・ウェスト議長は、「法を遵守する州は、結束し、憲法を遵守する州の連合を形成する必要がある」と述べた。
テキサス共和党の議長は、ジョー・バイデンが11月の大統領選挙で勝った4つの州で米国最高裁判所が投票結果を破棄するというテキサスの提訴を却下した後、金曜日に「憲法を遵守する州の連合」の結成を提案した。 
テキサス州共和党のアレン・ウェスト議長は、最高裁判所の命令は「州は米国憲法に違反する可能性があり、責任を問われない可能性があるという判例」を確立したと述べた。 
https://www.newsmax.com/us/west-scotus/2020/12/11/id/1001174/
スポンサーリンク

ジュリアーニ氏は戦いを継続

ジュリアーニ弁護士
「私たちは終わっていません…私を信じてください」:アメリカの市長ルディ・ジュリアーニは、テキサスが提示した訴訟を棄却した最高裁判所に反応します」

スポンサーリンク

最高裁が犯した過ち

 
元フォックス記者カイルベッカー氏
 
「法律を遵守している他の州に損害を与える結果となるが、法を破った州は何の影響も受けない。この度の判決は、州は合衆国憲法に違反しても、責任を問われないという先例を確立するものである。この決定は、立憲共和国としてのこの国の将来に、遠大な影響をもたらす」
 
今回の最高裁の審議せずに却下は「完全な悪手だった。少なくとも審議はすべきだった。もう、アメリカには憲法がないのと同じになった」と考えます。
スポンサーリンク

テキサスのパクストン司法長官コメント

パクストン氏:米国最高裁判所は2020年の選挙の完全性を決定することを拒否します
ケン・パクストン司法長官は本日、合衆国最高裁判所がジョージア、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシンに対するテキサス州の訴訟を却下した後、この声明を発表しました—違法で違憲な選挙を行った4つの戦場の州:

「最高裁判所がこの訴訟を起こさず、これら4つの州が連邦および州の選挙法に従わなかったことの合憲性を判断することを決定したことは残念です。私は引き続き、選挙の完全性と安全性を絶え間なく擁護し、自分たちの都合で選挙法を制定した人々に責任を負わせます。」(texasattorneygeneral.gov)

https://www.texasattorneygeneral.gov/news/releases/ag-paxton-us-supreme-court-refuses-determine-integrity-2020-election
スポンサーリンク

ジェナエリス弁護士

全体の選挙にのみ影響を与えた投票の不規則性に異議を唱える立場が州にないことは理にかなっています。しかし、州が大統領を選出するプロセスに参加し、いくつかの州が不正行為を行うと、その規則違反は選挙人団全体に影響を及ぼします。

 

トランプ大統領が最後の札を切るために残された期日は後2日です。
タイトルとURLをコピーしました