社会の話題と反応を発信していくネットメディア

テキサス州提訴却下 第2報 賛成はアリート判事、トーマス判事/バレット判事はまさかの拒否/残された道は最終手段

政治
スポンサーリンク

テキサス却下。賛成はアリート判事とトーマス判事のみ

他のすべての保留中の申し立ては、論争として却下されます。トーマス判事が加わったアリト判事の声明:私の見解では、元の管轄内にある場合の苦情請求書の提出を拒否する裁量はありません…」

「これはテキサスの訴訟への道の終わりのようです。

選挙人団の着席について今何をすべきかを決めるのは州議会次第です。本質的には、テキサス州の訴訟が提起される前と同じ状況です」

スポンサーリンク

ゴーサッチ、カバノー、バレット判事は拒否側

保守中の保守と言われて、トランプ大統領に指名されたバレット判事の判定は意外

「エイミー・コーニー・バレット判事とは
ニューオーリンズ出身の信心深いカトリック教徒で、2013年には雑誌記事で、「命は受胎の時に始まる」と発言。これは人工中絶に反対する立場の表明として受け止められる」

記事こちら👇

404 NOT FOUND | Total News World
時事のニュースと話題を掘り下げます
スポンサーリンク

アリゾナは州議会で独自選挙人を選ぶ

アリゾナ州の代表者が選挙の認証取り消しを要求

2020年12月11日10:45、 最終更新日:2020年12月11日11秒

アリゾナ州の共和党代表は月曜日に、選挙の完全性に対する国民の信頼を維持するために、州の選挙結果の認証を取り消すよう求めた。

アリゾナ州議会議員のアンソニー・カーン(R-LD20)は月曜日のイベントで、「アメリカは危機に瀕している」と「2020年の選挙が盗まれた」と述べた。
「私は間違いなく大統領を支持します。それは一人の男だけではありません。これは、アリゾナ州だけでなく、アメリカ合衆国における選挙プロセスの完全性に関するものです。今日これを失うと、永遠に失われます」と、アリゾナ州共和党の第1副議長であるパムカービー氏は述べています。(theepochtimes.com)

Arizona State Representatives Call for Election Decertification
Republican Arizona state representatives called on Monday for decertification of the state's election results in order to maintain ...

ただ、逆転にはアリゾナの他、ペンシルバニア、ウィスコンシン、ミシガン、ジョージアのうち2州が必要

スポンサーリンク

残された道

共和党州議会は、ペンシルバニアのように多分選挙人を決めきれないでしょうから、大統領は先に書いた3つの選択肢のうち、いずれかを取ると思います。

記事はこちら👇

そのうち可能性の高いのは大統領令の発動と思われます。

大統領令
トランプ大統領は今回の選挙に備えて、2年前(2018.9.18)に大統領令に署名していた。
『彼が私たちの選挙プロセスへの外国の干渉を予期し、大統領命令で次の手段を発行したことは疑いの余地がありません。そのような国際選挙詐欺に関与した個人、グループ、または国を調査し、罰します』
今回の選挙を予知していたような内容。

12/3の大統領声明で、1番重要な演説と言って、チャイナの侵略があったと明言したことも踏まえて、州議会が決められなければ取る可能性大です。

このままバイデンになれば、2度と再びアメリカがアメリカにもどることはなくなる。

伝家の宝刀を抜くタイミングだけです。

タイトルとURLをコピーしました