社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】最高裁、テキサス州の訴えを棄却

政治
スポンサーリンク

テキサスの訴えは最高裁で却下

「テキサス州の訴状の提出を求める休暇の申し立ては、憲法第3条に基づく地位がないために却下されました。テキサス州は、他の州が選挙を行う方法について、司法上認められる利益を示していません…」

ウィスコンシン州、PA、GA、MIの共和党主導の立法府は、州知事が選挙を実施する憲法上の権利を奪った瞬間に血まみれの殺人を叫んだ場合、この政治的悪夢を回避できたはずです。 代わりに、彼らはこれらの暴君のために転覆した。恥を知れ!

スポンサーリンク

次の道は州議会

却下されたとはいえ、共和党が仕切る州議会が、この不正選挙に対し独自に選挙人を出すこともまだできます。

ジョージア、ミシガン、ウィンスコンシン、ペンシルバニア州が腹をくくれるか

スポンサーリンク

または、大統領令発動

トランプ大統領は2年前、「米国の選挙で外国の干渉が発生した場合に特定の制裁を課す大統領命令」に署名している

以前に報告したように、トランプ大統領は2018年9月に、選挙への外国の介入に対処する大統領命令を発行しました。この命令は、汚い政治家、特にバイデンを通じて米国に侵入している外国の俳優(中国など)についての証拠が増えるにつれて、まもなく脚光を浴びるでしょう。

2018年9月12日、トランプ大統領は、米国の選挙プロセスにおける外国の干渉を対象とする大統領命令(EO)を発行しました。(thespectator)

記事(11/16)はこちら

【速報】トランプ大統領はこの事態を予測し、2年前「外国による選挙干渉が発生した場合に制裁を課す大統領令」を作っていた
シドニー・パウエル弁護士が、「外国による選挙干渉があった場合の大統領令」発令を示唆? シドニーパウエル弁護士が昨日(日本時間11/15PM9:16)意味深なツイートをした。パウエル弁護士が挙げた「American Thinker」という記…続きを読む

この可能性の方が高いと思います。12/14までに発動の可能性大です。

タイトルとURLをコピーしました