社会の話題と反応を発信していくネットメディア

フリン将軍「外国諜報機関(中共、イラン、ロシア)からの選挙干渉の証拠がある。同盟国がトランプ大統領に情報提供する」

政治
スポンサーリンク

フリン:外国の諜報機関は米国の選挙を監視しており、トランプに情報を提供する用意がある

元国家安全保障顧問のマイケル・フリン氏は、外国の諜報機関が11月3日の米国選挙を監視しており、ドナルド・トランプ大統領に証拠を提供する用意があるという情報を提供されたと述べた。

「私たちは今、外国の証拠を持っています…11月3日の選挙制度、選挙プロセスへの攻撃を見ていました」とフリンはフォックスビジネスに語った。

「私たちは今その証拠を持っており、今日それを受け取りました」と彼は言いました。

彼は、どの外国の諜報機関が関与していたか、その情報をどのように入手したか、または選挙制度に対する攻撃の性質については詳しく述べなかった。

スポンサーリンク

同盟国からの情報提供か

しかし、外国政府は「それを大統領に直接提供する用意がある」とフリンは述べた。「私たちを助けてくれる外国のパートナーや同盟国があります」と彼は言いました。

フリンは、連邦政府機関のかなりの部分に影響を与えたソーラーウィンズのサイバー攻撃に言及していました。


「SolarWindsは、米国の重要なインフラストラクチャ全体への入り口であると言えます」とフリン氏は付け加えました。「つまり、米国政府に影響を与えるすべてのものは、このSolarWinds攻撃を介して侵入した場合、基本的に金庫の鍵を持っていると私たちは認識しています。」

フリンは、「選挙とこれにも外国の影響力の証拠がある」と述べ、中国共産党(CCP)、北朝鮮、イラン、ロシアが関与していると付け加えた。

スポンサーリンク

主な加害者は中国

しかし、フリン氏は、「私たちは情報戦争に巻き込まれている」、主な加害者は「中国」であり、中国共産党は「そのマスター」であると述べた。

「私たちは今、私たちの国にとって非常に危険な時期にあります」と彼は言いました。

フリンが外国中国国旗の諜報機関による米国選挙への監視.攻撃の証拠を入手しておりトランプに提出する

スポンサーリンク

ラトクリフ長官はソーラーウインズのハッキングを大統領令のレポートに追加しているとの指摘も

「私はそれを推測しています。ラトクリフ長官はソーラーウインズをハックをレポートに追加しているので遅れています。
ハッキングは数日前に公開されたばかりで、おそらく範囲と何が危険にさらされているかを把握しようとしています」

「ICはこのプレスリリースを出しました:私の直感は的確だったようです。この問題がDNIレポートに反映されるかどうかを確認しましょう」

アメリカへ継続的かつ重大なサイバー攻撃

タイトルとURLをコピーしました