社会の話題と反応を発信していくネットメディア

切られなかったペンスカードと今後の方向性(プランB・C)

スポンサーリンク

ペンス副大統領はカードを切らなかった

ペンスカードはこちら

ストーンウォール:VPのウィンドウが数分に減少するため、チームペンスは#PenceCardへのコメントを拒否しました
マイクペンス副大統領のチームは、ナショナルファイルからのコメントのいくつかの要求を拒否し、#PenceCardの深夜の締め切りが迫っていたため、最終的に編集長に電話を切りました。
火曜日の全国ファイルは、現在#PenceCardとして知られているホワイトハウスのメモの存在を明らかにしました。これは、横行する不正投票を含む非合法選挙を実施した州からの選挙人団の投票を拒否するマイクペンス副大統領の能力と義務を詳述しています。(nationalfile)

スポンサーリンク

トランプ大統領はライクリン弁護士のツイートをRT

トランプ大統領は、憲法弁護士のイワン・ライクリンからのメモをリツイートし、大統領が動きの背後にいることを示唆した。しかし、ペンスは今年の23日である11月の第4水曜日まで、一方的に投票を拒否するしかありません。

ナショナルファイルの記者であるパトリックハウリーとジャックハドフィールドは、副大統領の報道官であるデヴィンオマリーと彼の参謀長であるマークショートを含むチームペンスと連絡を取り、#PenceCardについてコメントを求めようとしました。両方の記者からの電話は無回答でした。(nationalfile)

スポンサーリンク

ペンス副大統領はコメントせず

NationalFileの編集長であるTomPappertは、最終的にペンス副大統領の参謀のショートと連絡を取ることができました。しかし、ショートとの電話はわずか17秒しか続かず、パパートはショートが電話を切る前に文を終わらせることすらできず、コメントを拒否しました。ペンスは現在、選挙人団の投票が承認または異議を申し立てられる1月6日の議会合同会議に続いて国を離れ、イスラエル、ポーランド、バーレーンなどの可能な国を旅行する予定です。(nationalfile)

「ペンスの参謀長はただ私に電話を切った。電話は17秒続きました」

「ペンスのスタッフは、ナショナルファイルに簡単に応答した後、電話をオフにしました。複数の記者からの複数の電話はすべて応答されません」

STONEWALL: Team Pence Refuses to Comment On #PenceCard as VP's Window Dwindles to Minutes - National File
Vice President Mike Pence's team has refused several requests for comment from National File, as the midnight deadline for the #PenceCard looms.
スポンサーリンク

今後の方向性(プランB・C)

「1月6日にペンス副大統領と共和党上院が、「合法的に選挙人を無効にし下院投票に持ち込む計画」

・激戦州上院下院1人ずつが反対表明すると上院下院のそれぞれ独自の会議にもつれ込む、上院は反対表明を支持、下院は棄却しタイブレークになる。最後は上院議長のペンス副大統領が反対表明を支持しトランプが選ばれる。
・両者過半数に達しないので、下院で1州1票の投票となり共和党が勝ちトランプ大統領が再選される
スポンサーリンク

プランC、ラトクリフ長官のレポートによる大統領令

プランBが失敗した場合(上院が反対表明を支持しなかった場合、または下院投票で共和党議員の寝返りがあった場合。残念ながらこれは考えられます)

・ラトクリフ長官の報告は1月、「外国からの選挙干渉があった」と報告される

2018の大統領令とは「選挙で外国からの干渉を受け、アメリカ国家が操作、侵略された時に備えてトランプ大統領が2018に署名したもの」

👉ラトクリフ報告を受けて、大統領令を発動するのは合法。

👉ラトクリフ報告はアメリカ合衆国の諜報機関のトップの正規報告。

👉伝家の宝刀を抜ける錦の御旗がトランプ大統領に正規に与えらる。

ジェナエリス弁護士はあくまでも憲法順守を主張していますが、ラトクリフ報告を受けて大統領令を発動することは合憲中の合憲です。(大統領令に署名したのは2018年)

記事はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました