社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ大統領、「大統領の反乱法の使用権を無効にする」国防授権法案を拒否/声明全文

政治
スポンサーリンク

国防授権法の署名の拒否

・この法案は中国とロシアへの「贈り物」に過ぎない
・国家安全保障上のリスクであるセクション230の廃止するよう求めているにも関わらず、セクション230に必要な修正をしない。(フェイクニュースの意のままにされる)
・この法律の特定の軍事施設の名前の変更を要求する文言は、合衆国の歴史の中で国のために戦い、血を流し、命を落とした軍人への侮辱だ。
・法案は、国家緊急事態の軍事建設資金の額を恣意的に制限することにより、大統領の国防権限を制限している。
・大統領は議会の承認を待たずに国を守ることができるべき。(反乱法は大統領の一存で実施されるべき。敵の直接攻撃があるのに、グズグズ議会の承認など待っていられるか!)
・法案は大統領の外交政策、特に米軍撤退の努力に矛盾している。
スポンサーリンク

この法案は中国とロシアへの贈り物だ

私は、私の承認なしに、2021会計年度の国防授権法(「法」)であるHR6395を返却します。私の政権は、私たちの国家安全保障にとっての法律の重要性を認識しています。残念ながら、この法律には重要な国家安全保障措置が含まれておらず、退役軍人と軍の歴史を尊重しない条項が含まれており、米国を国家安全保障と外交政策の行動で最優先するという私の政権の努力と矛盾しています。それは中国とロシアへの「贈り物」です。

私が持っている以上に、軍隊のために一生懸命働いたり、承認したりした人は誰もいません—2兆ドル以上。私の4年間で、他の多くの人々の支援を得て、私が就任したときに完全に枯渇した米軍をほぼ完全に再建しました。セクション230の非常に危険な国家安全保障上のリスクを終わらせることに失敗すると、すべてのステップで私たちが何をしているのかを誰もが知らない限り、私たちの情報を実行することは事実上不可能になります。

スポンサーリンク

セクション230は国家安全保障上の深刻な脅威だ、廃止すべし

この法律は、超党派がその規定を廃止するよう求めているにもかかわらず、通信品位法のセクション230に意味のある変更を加えることすらできていません。セクション230は、オンラインでの外国の偽情報の拡散を促進します。これは、国家安全保障と選挙の完全性に対する深刻な脅威です。それは廃止されなければなりません。

スポンサーリンク

軍事施設の名称変更は軍人への侮辱だ

さらに、この法律には、特定の軍事施設の名前の変更を要求する文言が含まれています。アメリカ合衆国の歴史の中で、これらの場所はアメリカの物語に重要性を帯びてきました、そしてそれを書くのを手伝った人々は彼らの同名をはるかに超えています。

私の政権は、これらの軍事基地で名誉をもって奉仕し、これらの場所から彼らの国のために戦い、血を流し、そして死んだ何百万人ものアメリカの軍人と女性の遺産を尊重します。これらの施設から、私たちは2つの世界大戦に勝ちました。

私は、歴史を洗い流し、私たちの国が私たちの創設原則を実現するために戦ってきた計り知れない進歩を不名誉にするこのような政治的動機の試みに反対していることを明確にしています。

スポンサーリンク

議会の承認を待っていたら国は守れない(反乱法は議会の承認なしで実行できるべき)

同法はまた、国家緊急事態に対応するために使用できる軍事建設資金の額を恣意的に制限することにより、大統領が我が国の安全を守る能力を制限している。

敵対者が祖国を直接攻撃する手段を持っている時代に、大統領は議会の承認を待たずにアメリカ人を守ることができなければなりません。

この法律には、特に地方での全国的な5Gの展開を遅らせる改正も含まれています。

法の多くの規定は、私の政権の外交政策、特に私たちの軍隊を帰国させるための私の努力と直接矛盾しています。アメリカ国民がそうであるように、私は果てしない戦争に反対します。しかし、超党派の反対をめぐって、この法律は、大統領がアフガニスタン、ドイツ、韓国から軍隊を撤退させる能力を制限することを目的としています。これは悪い政策であるだけでなく、違憲です。

憲法第2条は、大統領を米国陸軍および海軍の最高司令官とし、大統領に行政権を与えています。したがって、アフガニスタン、ドイツ、韓国を含め、何人の軍隊をどこに配備するかに関する決定は彼にかかっています。議会は、意図された支出制限として、この権限を直接的または間接的にそれ自体に委ねることはできません。

スポンサーリンク

以上によりこの法案を支持しない

これらすべての理由により、私はこの法案を支持することはできません。私の政権は、私たちの国を安全に保ち、私たちのサービスメンバーをサポートするために強力な行動を起こしました。

私はこの法案を承認しません。それは、ワシントンDCの設立の利益をアメリカ人の利益よりも優先するでしょう。私の承認なしにHR6395を議会に返還することは私の義務です。

ドナルド・J・トランプ

ホワイトハウス、
2020年12月23日。

WhiteHouse.gov

Error 404
スポンサーリンク

この件に関するニュース

トランプ米大統領は23日、2021会計年度(20年10月~21年9月)の国防予算の大枠を定める国防権限法案に拒否権を行使すると表明した。海外駐留米軍の削減に足かせをはめる条項などに不満を示した。米議会の上下両院は3分の2の賛成多数で再可決して成立させる方針だ。

トランプ氏は声明で「米国第一の方針のもとで安全保障と外交政策を進める米政権の努力に反する」などと法案を批判した。今回の法案はトランプ政権が決めたドイツやアフガニスタン駐留米軍の削減に関し、一定の条件を満たさなければ実現しない条項を盛り込んでいる。

南北戦争で奴隷制の維持をめざした南軍にゆかりのある米軍基地の名前を変える条項に関してもトランプ氏は不満をあらわにした。「退役軍人や軍の歴史への敬意が払われていない」と指摘し、削除を要求した。

トランプ氏が拒否権を行使しても、米議会の上下両院が3分の2以上の賛成多数で再可決すれば法案は成立する。米議会は月内に再び採決する構えで、現時点では成立する公算が大きい。

米メディアによると、トランプ氏は4年弱の間に8回の拒否権を行使して法案の成立を阻止してきた。拒否権が行使された法案を米議会が再可決して成立すれば、トランプ政権では今回が初めてになる。(日経新聞)

トランプ氏、国防法案で拒否権 議会は再可決方針(写真=ロイター)
【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は23日、2021会計年度(20年10月~21年9月)の国防予算の大枠を定める国防権限法案に拒否権を行使すると表明した。海外駐留米軍の削減に足かせをはめる条項などに不満を示した。米議会の上下両院は3分の2の賛成多数で再可決して成立させる方針だ。トランプ氏は声明で「米国第一の方針のも...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました