社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン「トランプ国防総省が移行を失速させ、リスクを提起する」と泣き言

政治
スポンサーリンク

バイデンはトランプ国防総省が移行を失速させ、リスクを提起すると言う

ジョー・バイデンは月曜日、国防総省でのドナルド・トランプの任命者が移行で行き詰まっており、結果として米国が安全保障上のリスクに直面していると警告したと述べた。

彼と副大統領エレクトのカマラ・ハリスが国家安全保障に関する移行チームから説明を受けた後、バイデンは国防総省と行政管理予算局の政治任命者が「障害」を立てたと述べた。

スポンサーリンク

まだ必要な情報を入手していない

「今のところ、主要な国家安全保障分野の外交政権から必要なすべての情報を入手しているわけではない」とバイデン氏は説明会の後で述べた。

バイデン氏は、世界中の米軍の力の姿勢について、外交政権から「明確な状況」を求めていると述べた。

「敵が悪用しようとする混乱や追いつきの窓を避けるために、国防総省や他の機関で進行中の予算計画を完全に可視化する必要がある」とバイデン氏は述べた。(newsmax)

Biden Says Trump Pentagon Stalling Transition, Posing Risks
President-elect Joe Biden said Monday that Donald Trump's appointees at the Pentagon were stalling on the transition and warned that the United States faces sec...続きを読む
スポンサーリンク

ペンタゴンは12月19日に「バイデン移行チームと引継ぎの一時停止を合意した」と発表していたが実は拒否していた

金曜日のペンタゴンは、バイデン移行チームとの会談とブリーフィングを停止したという報告を押し戻し、双方が「休暇の一時停止時に相互に合意した」と述べた。

国防長官代理のクリストファー・ミラー氏は、「この部門が面接をキャンセルしたり拒否したりしたことは一度もない」と述べた

 

 

タイトルとURLをコピーしました