社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンG-7スピーチでトランプの「アメリカファースト」終了を発表/「どこの国の大統領だ!」ネットには怒りの声

政治
スポンサーリンク

バイデン、G-7スピーチで「アメリカファースト」終了を発表

ワシントン—バイデン大統領は金曜日、ドナルド・トランプ前大統領の「アメリカ・ファースト」時代の終わりを宣言するG7サミットでのスピーチで国際デビューを果たした。

行政当局者は、マスコミに公開されていないバイデンの仮想演説をプレビューし、コロナウイルスのパンデミック、気候危機に触れ、米国の外交政策の議題を劇的に再形成する計画を明らかにすると述べた。

「彼は、大西洋横断同盟が、20世紀と同じように、21世紀の世界におけるアメリカの関与の礎石であるという核となる提案を実現することを楽しみにしています。」

バイデンは、米国が世界保健機関、パリ協定、イランの核合意から撤退するのを見たトランプの外交政策アジェンダを迅速に解体しました。これはトランプが国の利益に反すると信じていた。

スポンサーリンク

他国に40億ドルを寄付し「アメリカラスト」

バイデンはまた、米国が世界的なコロナウイルスワクチン接種の取り組みに40億ドルを寄付すると発表した。

最初の20億ドルの寄付は、世界保健機関のCOVAXプログラムに行われ、このプログラムは、奇跡のジャブを発展途上国に配布します。その後、2回目の寄付で合計40億ドルになる。

金曜日に、米国は、地球温暖化を抑制するための最大の国際的取り組みであるパリ協定に正式に再加入する。(nypost)抜粋

Biden announces end of Trump’s ‘America first’ agenda in G-7 speech
WASHINGTON — President Biden made his international debut Friday with a speech at the G-7 summit declaring the end of former President Donald Trump’s “America f...続きを読む
スポンサーリンク

速報:米国はパリの気候協定に正式に復帰しました

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました