社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ダーラムの辞任報道/ダーラムの辞任報道/ダーラムは「特別検察官」として、オバマゲート、ハンターバイデンの調査を継続して行う。「コネチカット州の連邦検事」を辞任するだけ

政治
スポンサーリンク

トランプ大統領政権下、バー司法長官に任命されたダーラムは連邦検事を辞任するが特別検察官は継続

・ロシアゲート疑惑(実質オバマゲート)を捜査している「ジョン・ダーラム」検事が、バイデン政権交代に伴い、連邦検事の職を辞任する
・特別検察官の職は継続
・ハンター・バイデンと、ロシアゲート(オバマゲート)疑惑に対する捜査は今後も継続する
スポンサーリンク

ジャストイン-ジョン・ダーラムが2月28日の深夜に米国連邦検事局を辞任する。ダーラムは10月に特別検察官に任命された。

ロイター記者サラリンチ氏:「わかりやすくするためにもう一度- 今日もまた私に確認します-ジョン・ダーラムはまだ特別検察官です。辞任の発表は、彼の米国弁護士の役割にのみ関係します」

米連邦検事のジョン・ダーラム氏は、コネチカット州の最高検察官を辞任するが、ドナルド・トランプ大統領の影を落としたロシアの調査の起源に関する司法省の調査を監督する特別検察官として残っていると述べた。

スポンサーリンク

司法省が発表

ジョンダーラムはコネチカット州の連邦検事を辞任(予定)。 司法省のウェブサイトが更新され、ダーラムの特別顧問事務所がワシントンDCに設置される予定であり、作業が継続していることを示唆する別の指標となっています。再読:10月20日AGバーの命令により特別検察官が設立されました。

2016年の大統領選挙に向けられた諜報活動、防諜活動、または法執行活動に関連して、連邦政府の役人、従業員、またはその他の個人や団体が法律に違反していないかどうかを調査する権限があります…」

スポンサーリンク

カイルベッカー氏の記事(抜粋)

ポリティコは、ロシアの調査の起源に関する調査とハンターバイデンの調査の両方が継続すると予想されていると以前に報告しました。

「バイデン政権は、非常に機密性の高い調査を担当するカップルが仕事を続けることができるように調整しながら、全国で任命された残りのほぼすべての連邦検察官を解任する準備をしている」と司法省高官は2月に述べた。

別の当局者は、「ジョー・バイデン大統領の息子ハンター・バイデンの財政調査を監督しているトランプの任命者であるデラウェア州連邦検事は、人員の大幅な見直しにもかかわらず、現在のポストで「ホールドオーバー」するよう求められた」と述べた。 Politicoによって報告されました。

「さらに、トランプ-ロシアの調査の起源について特別検察官の調査を行っているコネチカット州のジョン・ダーラム連邦検事は、彼の米国の弁護士枠を空けている間、特別検察官として継続するよう求められた」と、ある高官は続けた。(beckernews)

Durham Will Resign as U.S. Attorney, But Will Stay on as Special Counsel
Advertisements John Durham will be resigning from his position as U.S. Attorney in a matter of days. However, he will continue in his role as Special Counsel ta...続きを読む
ジョン・ヘンリー・ダーラム

1950年3月16日生まれ アメリカの弁護士である米国弁護士のためのコネチカットの地区。トランプ-ロシア共謀プローブの起源を調査するための任命特別顧問に任命。
2019年5月、米国司法長官の ウィリアムバーは、ダーラムにロシアの調査の起源のレビューを監督し、トランプキャンペーンに関連する情報収集が「合法かつ適切」であるかどうかを判断するように命じた。
バーは、2020年12月に、ダーラムの地位を特別検察官に昇格させた。10月、トランプ政権が終了した後も彼の調査を継続できるようにした。

John Durham - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました