社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【横暴】アマゾン、最高裁でペンシルバニア州の案件を審議すべきと言ったトーマス判事のストリーミングを停止

政治
スポンサーリンク

アマゾンプライムは黒人歴史月間中にクラレンストーマスドキュメンタリーのストリーミングを停止した

最近、AmazonプライムはCreated Equal:クラレンストーマス in His Own Wordsを削除しました。これは、クラレンストーマス判事に関する高く評価され、人気のあるPBSドキュメンタリーであり、黒人歴史月間ではストリーミングできません。

トーマスは現在米国最高裁判所に出廷している米国で唯一の黒人裁判官であり、「包摂的な文化を構築する」というアマゾンの主張と黒人歴史月間であるという事実の間で、アマゾンはこの感動的なドキュメンタリーをプラットフォームでストリーミングしたいと思うでしょう。 

アマゾンは、サーグッドマーシャル、さらにはアニタヒルの映画を含め、黒人歴史月間の間にそのサイトで黒人の声を祝うために多大な努力をしましたが、私たちの唯一の座っている黒人最高裁判所の正義に関するドキュメンタリーのためのスペースを見つけることができません。トーマス裁判官は保守的な見解を持っている黒人の裁判官であるため、アマゾンがこの映画を上映しないことを決定した。

スポンサーリンク

苦労人のトーマス判事

トーマス正義の信じられないほどの物語は、アメリカ人、特にすべての黒人アメリカ人が知っておくべき。彼は1948年にジョージア州の隔離されたディープサウスの極度の貧困の中で生まれ、ジムクロウ法の下で生まれてから生きています。彼の両親はほとんど教育を受けておらず、彼の父親は彼が2歳になる前に家族を去りました。トーマスの人生は、彼と彼の弟が祖父母と一緒に住むようになった7歳のときに変わりました。

教育を受けていないにもかかわらず、彼の祖父はサバンナで石油、石炭、薪、氷を配達する中小企業を設立しました。彼の祖父はトーマスと彼の弟に厳しいものでしたが、彼らは勤勉と忍耐の価値を学びました。

トーマスは、隔離されたカトリック学校でアイルランドの修道女に教えられ、高校の神学校に通った後、祖父と修道女が彼に植え付けた価値観から離れ、ブラックパンサー党と過激派の考えを受け入れてカトリック信仰を拒否しました。 1960年代後半。トーマスが必読で魅力的な回想録「私の祖父の息子」に書いたように、「ブラックパワー運動についてもっと読むほど、私はその一部になりたいと思った。システム内で作業するポイントは何でしたか?人種差別、リンチ、黒人法、奴隷制…確かに礼儀正しさと非暴力的な抗議の時代は終わりました。」(breitbart)抜粋

Amazon Prime Stops Streaming Clarence Thomas Documentary During Black History Month
Amazon Prime dropped Created Equal: Clarence Thomas in His Own Words, making it unavailable to stream during Black History Month.
スポンサーリンク

先週、最高裁でPA州での郵便投票の違憲の審議を3-6で却下した/トーマス判事は審議すべきと主張

トーマス判事の怒りのコメント
「この裁判所が何を待っているのかを不思議に思う。我々は選挙前にこの紛争を解決することができなかったので、明確なルールを提供することができませんでした。今、私たちは再び、将来の選挙のために明確なルールを提供することに失敗した。選挙法を疑惑の覆いの下に隠されたままにしておくという決定は、不可解である。何もしないことで、我々はさらなる混乱と有権者の信頼の浸食を招いている。市民は、私たちのより良い価値があり、私たちにより多くを期待しています。私は敬意を持って反対します。」

クラレンス・トーマス(wikipedia)

(Clarence Thomas、1948年6月23日 – )は合衆国最高裁判所の陪席判事であり、1991年10月23日に就任した。最高裁判所でのトーマスは、アフリカ系の祖先を持つ判事としては2人目であり、保守的な判断傾向を持っている。トーマスの判決は、権利章典 (アメリカ)の修正第2条と修正第10条を重視しているため、銃規制には消極的な傾向がある。

経歴
1991年6月にサーグッド・マーシャル判事が退官を発表したことに伴い、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領が後任として当時43歳のトーマスを同職に指名した。しかし、トーマスの指名に際して、トーマスの元部下で当時オクラホマ大学法学部教授であったアニタ・ヒル氏がトーマスからセクシャルハラスメントを受けたと訴え出た。その結果、この人事案の採決は歴史的な僅差で決まることになったが、最終的には1991年10月のアメリカ合衆国上院の本会議において52対48の採決で承認を受け、トーマスは宣誓を経て就任した。

クラレンス・トーマス - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました