社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ペロシが1月8日にトランプ大統領から「核のボタンを奪え」と言ったことの重大性が今クローズアップ/「ペロシと軍の会話」について情報公開法の訴訟が起きる

政治
スポンサーリンク

ペロシの1月8日の行動がクローズアップ

・ペロシが1月8日、統合参謀本部議長に核のボタンを渡せと言ったことがクローズアップ。

・大統領の権限を侵害し権力分立を損なう可能性

・ジュディシャルウオッチは1月8日のペロシとミリー将軍との電話記録等の開示を要求して提訴

スポンサーリンク

ジュディシャルウォッチのツイート

速報:ジュディシャルウォッチは、下院議長のナンシー・ペロシの2021年1月8日、統合参謀本部議長のマーク・ミリーとの電話に関する記録について、国防総省に対してFOIA訴訟を起こしたと発表した。(1/3) 。

ペロシは1月8日の民主党の同僚への手紙でこの呼びかけを認めた。(2/3) 。

「ペロシ議長のミリー将軍との会話の説明が真実である場合、それは最高司令官としての大統領の役割と権力分立を損なう可能性のある危険な前例を設定することになる」(3/3)。

スポンサーリンク

1月8日のペロシの電話の重大性

2021年3月12日

国会議事堂への攻撃の背後にある真の犯人は、共和党員を非難する絶対的かつ無条件の権限を左翼に与えました。しかし、私たちのほとんどに馴染みのないことは、「本当の予想される暴動」が1月8日に起こったという事実だ

その日、ナンシー・ペロシは軍の指揮系統を完全に無視し、陸軍大将と統合参謀本部議長のマーク・ミリーに直接訴えた。彼女は、トランプ大統領に対して、厳格な命令で行動を起こすよう要求した!

FNC:「ナンシーペロシが1月に米陸軍統合参謀本部議長と電話をかけたところ、ウォッチドッググループの司法ウォッチは今週、下院議長と国の最高軍事将校との間の、現職の大統領の権限に関する呼びかけが、将来の大統領に影響を与える可能性のある「危険な前例」を設定したと述べた

スポンサーリンク

ペロシは核の発射コードのアクセス権や核攻撃の命令について話し合ったと述べている

「今朝、私は統合参謀本部議長のマーク・ミリーと話し、不安定な大統領が軍事的敵対行為を開始したり、発射コードにアクセスしたり、核攻撃を命じたりするのを防ぐための利用可能な予防策について話し合った」とペロシは書いている。

司法監視のトム・フィットン社長は、言及された事実が実際に真実であるように見える場合、「最高司令官としての大統領の役割と権力分立を損なう可能性のある危険な前例を設定する」と述べた。

そして、私の仲間のアメリカ人は、決して希望を失うことはありません–今でなければ、後で、しかし真実が現れ、トランプ大統領がアメリカをもう一度素晴らしいものにするからです!

The January 8th Phone Call Pelosi Made Is A Total Perspective Twist! -
Though they, the Liberals, want to convince us that President Trump had anything to do with the unwanted happenings that
スポンサーリンク

ペロシとミリー将軍との会話に関するすべての記録の開示を要求

2021年1月8日またはその前後のナンシーペロシ下院議長とマークミリー将軍との間の電話に関する、関連する、または関連するすべての記録。この要求には、すべての記録、記録、および/が含まれますが、これらに限定されません。または通話の概要、および通話の準備中、通話中、および/または通話に従って作成されたその他の記録。

「ペロシ議長のミリー将軍との会話の説明が真実である場合、それは最高司令官としての大統領の役割と権力分立を損なう可能性のある危険な前例を設定します」と司法ウォッチのトム・フィットン大統領は述べました。「私たちの新しい訴訟は、電話についての真実を明らかにすることを目的としています。」

Judicial Watch Sues for Records of Pelosi Call with Pentagon Chief - Judicial Watch
(Washington, DC) – Judicial Watch announced today that it filed a Freedom of Information Act (FOIA) lawsuit against the U.S. Department of Defense for records a...続きを読む
スポンサーリンク

ジュディシャルウォッチは1月6日の暴動についても、ペロシが何か隠していると睨んで、電子メール、ビデオの開示を求めてに国会議事堂警察を訴えている

2月18日

(ワシントンDC) – Judicial Watchは本日、2021年1月6日に米国議会議事堂での暴動に関する電子メールとビデオを求めて米国議会議事堂警察に対して訴訟を起こしたと発表した (JudicialWatchv。UnitedStatesCapitol Police) 

Judicial Watchは、2021年1月21日の要求に応えて国会議事堂警察が記録の提供を拒否した後、コモンローの公記録へのアクセス権に基づいて訴訟を起こした。

・2021年1月6日の米国議会議事堂のセキュリティに関する米国議会議事堂警察執行チームと議事堂警察委員会の間の電子メール通信。この要求の時間枠は2021年1月1日から2021年1月10日までです。
・2021年1月6日の国会議事堂のセキュリティに関する、連邦捜査局、米国司法省、および米国国土安全保障省との議事堂警察委員会の電子メール通信。この要求の時間枠は、2021年1月1日から2021年1月10日。
・2021年1月6日の午後12時から午後9時までの国会議事堂内からのすべてのビデオ映像
議会は情報公開法を免除され、国会議事堂警察は 、要求された電子メールとビデオは「公開記録」ではないことを2021年2月11日の手紙に書いて、司法監視への暴動に関する記録の作成を拒否した 。
参考記事
タイトルとURLをコピーしました