社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ペロシが何か隠していると睨んだ「Judicial Watch(司法ウォッチ)」、1月6日の暴動に関し国会議事堂警察を訴える/電子メール、ビデオを公開せよ

政治
スポンサーリンク

司法ウォッチが暴動の電子メール、ビデオのために国会議事堂警察を訴える

(ワシントンDC) – Judicial Watchは本日、2021年1月6日に米国議会議事堂での暴動に関する電子メールとビデオを求めて米国議会議事堂警察に対して訴訟を起こしたと発表しました (JudicialWatchv。UnitedStatesCapitol Police) 1:21 -cv-00401。

Judicial Watchは、2021年1月21日の要求に応えて国会議事堂警察が記録の提供を拒否した後、コモンローの公記録へのアクセス権に基づいて訴訟を起こし ました。

・2021年1月6日の米国議会議事堂のセキュリティに関する米国議会議事堂警察執行チームと議事堂警察委員会の間の電子メール通信。この要求の時間枠は2021年1月1日から2021年1月10日までです。
・2021年1月6日の国会議事堂のセキュリティに関する、連邦捜査局、米国司法省、および米国国土安全保障省との議事堂警察委員会の電子メール通信。この要求の時間枠は、2021年1月1日から2021年1月10日。
・2021年1月6日の午後12時から午後9時までの国会議事堂内からのすべてのビデオ映像
議会は情報公開法を免除され、国会議事堂警察は 、要求された電子メールとビデオは「公開記録」ではないことを2021年2月11日の手紙に書いて、司法監視への暴動に関する記録の作成を拒否しました 。

国民は、議会がセキュリティをどのように扱ったか、そしてすべてのビデオが米国議会議事堂の暴動について何を示しているかについて知る権利を持っています」と司法ウォッチのトム・フィットン社長は言った。「ナンシー・ペロシとチャック・シューマーはアメリカ人から何を隠そうとしているのか?」

Judicial Watch Sues Capitol Police for Riot Emails, Video - Judicial Watch
(Washington, DC) – Judicial Watch announced today that it filed a lawsuit against the U.S. Capitol Police seeking for emails and videos concerning the riot at t...続きを読む
スポンサーリンク

ペロシが1月6日の暴動について「事前に何かを知っていて隠している」と睨んだ共和党下院が追及を始める

・国会議事堂警察首長は、1月6日の暴動を予知し州兵の派遣を要請
・この要請は拒否される
・この経緯(1月6日の暴動と拒否した経緯)についてペロシが何か知っていると共和党は確信を持つ
・共和党下院は、ペロシに文書で「要請が拒否された理由、ペロシのスタッフが国会議事堂警察と何の話しをしたのか、サンド首長が州兵の支援を要求し、承認が必要になったときに、ペロシは治安当局にどのような対応をしたか?」について追及している

スポンサーリンク

JudicialWatch

トムフィトン1968年5月30日が社長のアメリカの保守的な活動家グループ。フィトンはトランプ支持の解説で知られています。フィットンは、2016年の米国大統領選挙におけるロシアの干渉に関する特別顧問のロバート・ミューラーの調査を批判したことで有名です。彼は、調査はドナルド・トランプ米大統領に対する「クーデター」であると主張し、それを閉鎖するよう求めた。2020年大統領選でもスクープを連発している。(一部wikipedia)

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました