社会の話題と反応を発信していくネットメディア

中国、「中国製のワクチンは効果が低い」と自ら認める/中国疾病管理センター所長「予防率はあまり高くない」/ネット:「知ってた」

政治
スポンサーリンク

中国自ら効果が低いことを認める

中国のワクチンは「予防率があまり高くない」と中国疾病管理センターの所長。(Politico)

はい、彼は認めました!

スポンサーリンク

中国、自国のワクチンの効果が低いことを認める

中国の疾病管理センター(CDC)は土曜日、国有企業が製造したCOVID-19ワクチン2種の有効性が低いことを初めて認めた。

AP通信によると、中国のCDC所長であるGao Fu氏は会議で、中国のSinovac社とSinopharm社が製造した2つのワクチンについて、「予防率はあまり高くない」と述べたという。

また、現在、他のワクチンの承認を検討しているとも述べています。

スポンサーリンク

ブラジル保健局は予防効果は50%と発表

中国のワクチンプログラムは、米国の一部の政府関係者からの批判にさらされている。彼らは、北京が2社のワクチンの寄付を世界中の外交目的に使用していると非難しているが、その一方で、中国製ワクチンの有効性を偽って宣伝し、ファイザー社やモデナ社が製造したものを含むmRNAプロセスを使用して作られたワクチンを軽視している。

ブラジルの保健当局が1月に発表した調査では、シノバックの注射によるCOVID-19の予防効果は50%強とされている。

シノファーム社は、COVID-19の感染を防ぐ効果は79%であると発表しており、アラブ首長国連邦で行われた研究では86%であったとしている。

China admits its vaccines' effectiveness is low
China's Centers for Disease Control (CDC) acknowledged the low efficacy of two COVID-19 vaccines produced by state-owned companies for the first time on Saturda...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました