社会の話題と反応を発信していくネットメディア

AP通信社、新聞の記事に使用するガイドブックから「愛人」を使用禁止にして嘲笑をかう/不倫の責任が女性だけにあることを暗示するため使用禁止にした

スポンサーリンク

愛人は使用禁止

「mistress」(愛人)という言葉がキャンセルされました。APスタイルブックは、「不倫の責任が女性だけにあることを暗示する」という理由で、この言葉を禁止しています。

スポンサーリンク

男性にそれに相当する言葉がないので問題がある

APによると、「Mistress」は、それに相当する男性が存在しないため、問題があるとしている
代わりにAPは、「「コンパニオン」、「友人」、「恋人」という言葉を使うことを推奨しています。この変更は、ツイッターユーザーからAP社を嘲笑する声が上がった。

ジェンダーニュートラルな表現としては、『シュガーベイビー』が好ましい」と、あるTwitterユーザーは冗談を言った。
また、「パラマー」、「不倫相手」、「ホームレッカー」などの表現を推奨する声もあった。
昨年、APのスタイルブックは、「crazy」、「nuts」、「deranged」などの言葉の使用を禁止した。

ツイッターで拡散され嘲笑を呼ぶ

APは当初、昨年に「愛人」という言葉の廃止を推奨していましたが、水曜日にはこの変更を喚起するツイートが拡散しました。

他の人と結婚している男性と長期的な性的関係にあり、経済的に支援されている女性に対して、愛人という言葉を使わないでください」とAPはツイートしています。

AP通信社は、そのスタイルガイドが「愛人」という言葉を語彙から排除した後、オンラインで嘲笑された。

スポンサーリンク

AP通信社のツイート

他の誰かと結婚している男性と長期的な性的関係にあり、経済的に支えられている女性に愛人という用語を使用しないでください。代わりに、最初の参照でコンパニオン、友人、恋人などの代替手段を使用し、後で追加の詳細を提供します。

昨年、このガイダンスを追加しました。それは新しいものではありません。 代替用語が不足していることは問題があることを理解しています。しかし、それは女性のために一言、男性のために一言も言わないよりはましだと感じました。そして、女性がその事件に単独で責任があることを暗示しています。

スポンサーリンク

ネットの声

ツイッターでは、ソーシャルメディアのユーザーがAPを嘲笑しました。

ニューヨーク在住のマーク・ハリスは、「そうだな、夫が自分を説明するときに使う言葉、『フレンド』を使おう」と鼻で笑いました。その方がずっと性差別的ではありません』。

クリスチャン・シュナイダーは、愛人の同義語は『ホームレッカー』にすべきだと考えている。

ジョー・カニンガムはこうツイートした。性別を問わない好ましい言い回しは「シュガーベイビー」だ』。

男を表す言葉は『不倫相手』だ」と、あるツイッターユーザーは書いている。

別のツイッターユーザーは、代替案として「mister-ess」を提案しました。

マット・コマー氏は、APが「辞書から抜かれるのを待っているだけ」の「パラマー」という言葉を採用すればいいと考えている。

APスタイルブック(wikipedia)

アメリカ合衆国の新聞やニュース産業で利用されている記事執筆のスタイルと用語法のガイドブックである。AP通信によって毎年6月に更新されている。大文字の使い方、略記法、綴り、数字など表記法や語法のガイドがアルファベット順に掲載されており、記者や編集者はこれを標準的なガイドラインとする。放送、雑誌、広報宣伝などでも広く利用される。

APスタイルブック - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました