社会の話題と反応を発信していくネットメディア

台湾、米国製の長距離巡航ミサイルの購入を希望/中国が台湾付近での軍事活動の強化に備え/ネット:「イージスアショアさえ配備できない日本とはえらい違い」

中国
スポンサーリンク

台湾、米国製の長距離巡航ミサイルの購入を希望

 4月19日、台湾の国防部(国防省に相当)の幹部は、空中発射型の長距離巡航ミサイルを米国から調達したいと述べた。
 台湾の国防部(国防省に相当)の幹部は19日、空中発射型の長距離巡航ミサイルを米国から調達したいと述べた。

台湾は、戦時に中国内陸部に向けて反撃する能力を確保するため、独自に長距離ミサイルの開発を進めているが、米国からさらに最新型の兵器を調達することも検討している。

国防部の戦略立案担当トップは立法院(国会に相当)で「米国の承認はまだ得ていないが米国から購入したい兵器は何か」との質問に、ロッキード・マーチン製の「AGMー158」だと答え、「まだ申請している段階だ。連絡ルートは非常にスムーズで正常だ」と述べた。

中国は台湾付近での軍事活動を強化している。
https://t.co/y5CrG67geP?amp=1

スポンサーリンク

ネット

こういう発表をするだけで抑止力

長距離巡航ミサイルは原子力潜水艦に配備しないと、地上や艦船に配備したら中国に先制攻撃されてしまう

それに引き換え日本は、イージスアショアさえ配備できず、中止に。

日本も見習いなさいよ。

日本の様な有り難い憲法何か押し付けられちゃ無いんだから…

スポンサーリンク

日本はイージスアショアさえ配備できず/配備中止を極秘決定

「根回し」がほぼ行われなかった、今回の決定。停止のきっかけは、候補地との「約束」だった。

候補地だった山口県は、迎撃ミサイルを発射した際に切り離す「ブースター」と呼ばれる推進補助装置の落下について、懸念を示していた。防衛省は2018年8月以降、山口県に対し、「演習場内に確実に落下させる」と繰り返し説明し、必要な措置を講じることを約束してきた。

イージス・アショア配備停止 極秘決定はなぜ? | 特集記事 | NHK政治マガジン
それは、極秘の決定だった。建造に約4500億円の巨費が見込まれた「イージス・アショア」。“日本全域を24時間365日、切れ目なく防護する”という触れ込みの「陸の盾」だ。しかし政府はその配備を事実上、撤回。ミサイル防衛政策は、大きく変更を迫られることになった。なぜ、計画は突...
タイトルとURLをコピーしました