社会の話題と反応を発信していくネットメディア

パウエル弁護士「ワンダフル!」/WI州最高裁はコロナ流行時であっても、知事(民主党)に「レストランの収容人数を制限をする権限」「マスクを強制する権限」はないと判決

コロナ
スポンサーリンク

パウエル弁護士がParlerでワンダフル

@SidneyPowell - Sidney - WONDERFUL!!
WONDERFUL!!
スポンサーリンク

州最高裁、CCPウイルス流行時にウィスコンシン州知事はレストランの収容人数を制限できないと判断

ウィスコンシン州最高裁判所は、民主党トニー・エバース知事がCCPウイルスの大流行により、レストランやバーなどの定員を削減するとした行政命令を否定する判決を下した。

水曜日に行われた4対3の判決で、州裁判所は、民主党知事の政権にはこの命令を出す権限がないとし、裁判所が州のマスク義務化を取り消した2週間後に発表した。

ウィスコンシン州では、昨年10月に屋内での公共集会の規模が建物や部屋の占有率の25%に制限されて以来、全州的な収容人数制限が行われていない。この命令は、州政府によって何度も解除され、再申請されていました。

スポンサーリンク

エバース知事の判断を全面否定

最高裁は、エバーズ氏をはじめとする州政府職員にはウィスコンシン州議会の承認が必要であると判断しました。

この訴訟は、エイメリーのミックスアップ・バーのほか、プロライフ・ウィスコンシン社が起こしたものです。

ブラッドリー氏は別途、反対意見の中で、エバーズ氏は緊急命令を出す際に「面倒なルール作りのプロセスを踏む」必要はないと述べています。

今回の判決は、ウィスコンシン州最高裁がエバーズ政権の出した命令を非合法と判断した3回目の判決である。マスク強制令を取り消した以外にも、最高裁は、州議会の共和党が提出した法的異議申し立てを受けて、ウィスコンシン州の滞在命令を取り消した。

State Supreme Court Rules Wisconsin Governor Can't Limit Restaurant Capacity During CCP Virus Pandemic
The Wisconsin state Supreme Court ruled against Gov. Tony Evers' executive orders that reduced capacity on restaurants, bars, ...
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました