社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【禁じ手の民主党】支持率90%のワシントンD.C.を51番目の州にする州制法案を下院で可決/上院議員2名、下院議員1名に/ただし上院可決の可能性は低い

政治
スポンサーリンク

下院がワシントンDCを51番目の州にする法案を可決

投票は216:208

スポンサーリンク

ワシントンD.C.を51番目の州にするための州制法案が下院で可決される

ワシントンD.C.を51番目の州とし、70万人以上の住民に議会での完全な代表権を与えるための法案が、賛否両論の下院で可決された。

下院での投票は216対208の厳正な党首討論で、共和党員全員がこの州制法案(H.R.51)を否決しました。

この法案はバイデン大統領の支持を得ているが、上院では賛否両論で可決される可能性は低いと思われる。

2019年の国勢調査の推計によると、D.C.は黒人が46%、白人が46%となっている。

スポンサーリンク

ペロシは記念すべき日と称賛

議場での論争に先立ち、ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)は、州権の可決を「アメリカ民主主義の記念すべき日」と称賛しました民主党は、州化は公民権の問題であり、ワシントンDCの住民に議会での代表権を与えずに課税してきた歴史的な不公平を正すために必要なステップであると主張した。

一方、共和党は、ワシントンD.C.の設立は憲法に基づいているため、地区を変更する場合は、議会からの立法ではなく、憲法改正の形で行わなければならないと主張。

また、民主党が上院の多数派を拡大するために、リベラルな地域から上院議員を2人増やすという権力掌握のために州制を導入したと批判した。

スポンサーリンク

合衆国加入法案(HR 51)H.R.51の目的は民主党が2人の上院議員を増やし、上院をコントロールするため

“H.R.51の目的をはっきりさせましょう。それは、民主党が新たに2人の進歩的な上院議員を加え、スクワッドが提唱する、アメリカを彼らがいつも話している社会主義のユートピアに作り変えるための過激なアジェンダを推し進めるためのものです」と、共和党のジェームズ・コマー議員は述べている。

●上院通過には60票が必要な理由はフィリバスター制度

(現在上院は共和党50:民主党50)

フィリバスターは日本語で「議事妨害」と訳され、審議を続けることで議事進行を遅延させる上院の少数党の戦術議員がフィリバスターを宣言し、議場に居続ければ成立する。

現状、フィリバスターを回避できるという確信が得られない限り、法案を取り上げないことが常態化している。よって下院を通った法案は、フィリバスターを使えば上院で廃案に追い込まれる

フィリバスターを終結させるのに、全議席の6割に当たる60人もの議員の賛同が必要。この40年間、どちらかの政党が60議席以上占めたことは一度もない。(現状は50:50)。共和党側がフィリバスター制度を利用すれば、多数党の法案を阻止できる。

しかし、下院のステニー・ホイヤー院内総務をはじめとする多くの民主党議員は、上院がフィリバスターを撤廃し、単純な多数決で州制法案を通過させることを要求している。

「DCは圧倒的な民主党支持」

2020大統領選(選挙人3)

スポンサーリンク

上院の民主党員50人全員がDCの州権を支持しているわけではない

上院では、民主党のトム・カーパー上院議員が州制導入を主導しており、彼の法案には民主党議員44名が共同提案者として名を連ねていますが、上院議員 アンガス・キング(I-Main)、ジョー・マンチン(D-W.V.)、クリステン・シネマ(D-Ariz)、マーク・ケリー(D-Ariz)、ジャンヌ・シャヒーン(D-N.H.)の各議員はまだ参加していません。

可決されれば、ワシントンD.C.は、現在の人口に基づいて上院議員2名、下院議員1名の完全な代表権を持ち、地方自治を完全にコントロールすることになります。

バイデン氏のホワイトハウスは火曜日、ワシントンD.C.を51番目の州にすることを正式に支持し、ワシントン市民に “長い間待ち望まれていた完全な代表権 “を与えるために、この法案を可決するよう議会に促した。

(foxの記事👇を引用)

House passes DC statehood bill to make district 51st state after heated floor debate
The divided House Thursday passed legislation to make Washington, D.C., the 51st state and to grant its more than 700,000 residents full representation in Congr...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました