社会の話題と反応を発信していくネットメディア

プロジェクト・ベリタス創設者のジェームス・オキーフ氏がSNSの利用禁止について提訴/訴えの内容は名誉毀損

事件
スポンサーリンク

ジェームス・オキーフ氏のテレグラム

プロジェクトベリタス
速報:ジェームズ・オキーフが提訴TWITTER、プラットフォームからのアクセスを禁止された後の「虚偽かつ名誉を毀損する」発言を理由にニューヨーク最高裁に提訴 … Twitterが真実を「無視」して行動したことを証明する意向
公的機関と私的機関の両方の腐敗を調査し、暴露すること。ニューヨーク州最高裁判所 ウエストチェスター郡
原告:ジェームス・オキーフ3世(James O’Keefe III,
被告:COMPLAINTインデックスNo.TWITTER, INC,
スポンサーリンク

プロジェクト・ヴェリタス創設者のオキーフ氏、Twitterの利用禁止を求めて提訴

ジェームズ・オキーフ氏のグループ「プロジェクト・ヴェリタス」は、報道機関やリベラル派グループに対するおとり捜査で非難を浴びているが、同氏をインターネット・プラットフォームから追放したTwitter Inc.を名誉毀損で訴えた。

オキーフ氏は月曜日、同氏のグループが活動しているニューヨーク州ウェストチェスター郡の州裁判所にツイッター社を提訴し、ソーシャル・メディア企業が偽のアカウントを操作したことを理由に同氏を不当に追放したと主張した。

“4月15日にオキーフ氏の個人的なTwitterアカウントを停止した後、Twitter社は名前のない広報担当者を通じて、オキーフ氏が『偽の(Twitterの)アカウントを操作している』という明らかに虚偽の声明をメディアに広めた」と訴状で述べ、この声明を「虚偽かつ名誉毀損」とした。

スポンサーリンク

オキーフ氏はTwitterから憎悪、軽蔑、嘲笑を受けたと主張

オキーフ氏は、Twitter社から「憎悪、軽蔑、嘲笑」を受けたと主張し、虚偽とされる記述は「O’Keefe氏が抱く尊敬、敬意、善意、信頼を低下させる傾向がある」と主張しています。

オキーフ氏は、不特定の損害賠償と、Twitter社がオキーフ氏に関する虚偽の記述を行うことを禁止する裁判所命令を求めています。

Twitter社はコメントを控えました。

訴訟はO’Keefe v. Twitter Inc.、ニューヨーク州最高裁判所、ウェストチェスター郡。

Project Veritas Founder O'Keefe Sues Twitter Over Ban
James O'Keefe, whose group, Project Veritas, has come under fire for undercover sting operations against media organizations and liberal groups, has sued Twitte...続きを読む
スポンサーリンク

4月16日に、Twitter社はジェームズ・オキーフ氏のアカウント凍結

Project Veritasの報道を共有していたオキーフ氏のTwitterアカウントが、”フェイクアカウント “を使用した疑いがあるとして、永久的に停止された。

プロジェクト・ベリタスの創設者は、来週にも名誉毀損の訴訟を起こすことを宣言していた。

“もうその仕組みを理解していないかもしれませんが… CNNは民主党を選ぶためにプロパガンダを流し、CNNを守るために妨害する。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました